バレンタインデーにチョコレートを貰えなかった男にありがちな言い訳5選

バレンタインデーにチョコレートを貰えなかった男にありがちな言い訳5選

バレンタインデーというのは女性が仲の良い男性にチョコレートをプレゼントする日です。それには本命であったり、義理チョコであったりと様々です。

しかし、男性の中にはバレンタインチョコを1つも貰えなかったなんて人もいるでしょう。貰えたとしても母親だけなんていう場合も多いです。モテない男性にとってはまた悪夢の日が今年もやってきたかという気分になるでしょう。

そんなことでは友達などに恰好がつかないので、なんとかして言い訳をしてごまかす人もいるでしょう。そこで今回は、バレンタインにチョコレートを貰えなかったときのありがちな言い訳を紹介します。

チョコレートを貰えなかったけど、見栄を張りたい男性諸君はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

バレンタインデーにチョコレートを貰えなかった男にありがちな言い訳5選

1.チョコ嫌いだから

代表的な言い訳には「チョコレートが嫌いだから」という言い訳があります。実際にチョコレートが苦手な人は結構多いです。

甘いものが苦手であったり、チョコレート独特の風味に拒否反応を示す人もいるでしょう。そのため、かなり便利な言い訳と言えます。

しかし、かなりの常套句でばれやすいです。普段チョコレートを食べていればNGな言い訳になることに注意しましょう。

2.チョコアレルギーだから

チョコレートが嫌い・苦手と同じようにチョコアレルギーだからという言い訳もバレンタインの日にはありがちな言い訳となります。

アレルギーであれば食べるわけにはいきませんし、断るのも当然になるでしょう。まあ、この場合も普段からチョコレートを食べているとNGですけどね。

また、最近ではチョコレートではなくクッキーやケーキをプレゼントする人も増えているようで、そのようなものに関しては使えない言い訳なので注意しておきましょう。

3.甘いもの好きじゃないから

甘いものが好きではないという言い訳もあります。この言い訳を使えば、チョコレート以外のお菓子でも言い訳を成立させることができるので、結構使う人が多いのではないでしょうか。

甘いものが好きじゃないからチョコでもクッキーでも、お菓子系のものは食べないと言えばうまくごまかすことができるでしょう。

なお、この言い訳も結構使用頻度が多いのでばれやすく、普段から甘いものを食べている人はできないということに注意してください。

4.イベントとか行事とか興味ない

イベントとか行事とか興味のない人というのもいます。日本は様々な宗教や国の行事を取り上げては、その都度お祭り騒ぎをします。

企業の商品販促の戦略にもなっていますが、バレンタインはもともとキリスト教なので、そうでない人が祝うのはおかしいです。

なので、イベントなどに興味ないとか、キリスト教でないのに祝うのはおかしいと言って言い訳をする人もいるでしょう。まあ、他の理由よりかはしっかりとした言い分になっていると言えます。

なお、以下の記事は同じような理由でクリスマスに恋人がいなくても大丈夫な理由を取り上げています。ぜひ参考にしてください。

リア充爆発しろ!クリスマスに恋人がいなくても全然大丈夫な理由3選

5.お返しが大変だから断っている

そして、バレンタインデーにはお返しが必要です。ホワイトデーという習慣は日本独自のものですが、日本に住んでいる以上そのギブアンドテイクの習慣には従わなければならないでしょう。

そのため、バレンタインで多くの女性からチョコレートを貰うと、そのお返しがかなり面倒なのです。お金もかかるし、何でお返しをしようか悩むことになります。

なので、お返しが大変だから断っているという言い訳も使う人が結構多いです。モテそうな人は理に適っているので、ぜひ使ってみるといいでしょう。

まとめ

以上がバレンタインの時にありがちな言い訳です。まあ、言い訳は嘘なので、すぐにばれやすいものです。特にありがちなものなので、なおさらです。

貰えなかったときは正直に0個と言えばそれで大丈夫でしょう。馬鹿にされても、時間が経てばすぐに忘れ去るものです。

なお、言い訳をするときは、今の自分の状況にあった言い訳を考えると、チョコレートを貰えなくてもしっかりとごまかすことが可能です。ぜひ実践してみてください。

なお、以下の記事ではバレンタインに関することを取り上げています。興味のあるもがあれば、ぜひ合わせて読んでみるといいでしょう。