これだけは絶対やれ!論文やレポートで守らなければならない書き方20か条

これだけは絶対やれ!論文やレポートで守らなければならない書き方20か条

学校や、仕事でレポートを書く機会がある方がいると思いますが、そのレポートきちんと正しく書けていますでしょうか。

レポートや論文には書き方というものがあり、その中でも絶対に守らなければならないものがあります。

今回は、その守るべきレポートや論文の作成法について紹介します。

レポートや論文で絶対守らなければならない書き方20箇条

1.題名や名前などの表紙は必ず作れ

レポートを作成するときに、名前や題名を最初のページの上の方に書いて、そのまま下に文章を続ける人がいますが、やめた方がいいでしょう。

題名や名前を大きい文字で中央寄せした表紙を1ページ用意し、次のページから文章を書く方がいいでしょう。

これは表紙を見ただけで、どのような題名や名前かがわかりやすくなるからです。

2.段落は必ず区切れ

よく、文章をずらーっと書き並べている人が多いですが、確実に見にくいです。

話のまとまり毎に段落を区切った方がいいでしょう。

言うまでもないですが、段落の始まりは前の文章とごっちゃにならないように改行しましょう。

3.段落の最初は1文字空けろ

段落を区切っても、パッと見ではどこが段落の区切りかわかりません。

このようなブログなどではたくさんの段落に区切っているため1文字空けていませんが、論文などでは1段落の文章や文字は多いので、区切りをつけないと見にくいです。

そのため、段落に分けたら、ちゃんと新しい段落ということがわかるのように最初を1文字分空けましょう。

4.文章が長くなったり、内容をいくつかに分けることができるなら章で分割しろ

先ほど段落で区切ることを説明しましたが、文章が長くなると、段落で区切っただけでは読みにくいです。

そこで、文章を序論や理由づけ、そして結論などの大まかなグループ分けを行い、章に分割しましょう。

章に分割すると、どこに何が書いてあるかわかりやすくなります。

5.章で分けても文章が長くなるようなら、章の中でさらに節・項で分割しろ

文章の区切りは章・節・項に分かれます。このブログもその構成で作っています。

同じように論文も、章で分割し、節の中でもいくつかのトピックで分けることができるなら、それぞれに題を与えて、節に分割しましょう。

それでもまだ分割できる場合は、節の中で項に分割すると、文章構成がまとまって、きれいな論文となります。

6.章・節・項の間は数行分空けろ

章・節・項で区切るときはその区切りを明確化するために、数行分空けた方がいいです。

章の場合は3行、節は2行、項は1行分空けるといった具合でやるといいでしょう。

7.章・節・項には題名をつけろ

章・節・項で分割するなら、それぞれ題名をつけないと区別できないし、何の内容かもわかりません。

ですので、必ず題名をつけましょう。ワープロなどでやっているなら文字の大きさを少し大きくしたり太字にしたりするとなお良いでしょう。

8.いくつかの章に分かれるなら目次をつけろ

1つのテーマに絞って1ページか2ページで終わるなら目次は必要ありませんが、何章かに分かれて本文が構築される場合には目次をつけるべきです。

そうすることで、読者に文章の構成がわかりやすくなります。

9.序論・本論・結論という構成にしろ

章・節・項を説明しましたが、ただ区別すればいいというわけではありません。書く順番も重要です。

基本的に最初は前置きなどの序論、次に説明や理由づけなどの本論、そして最後に言いたいことの結論という順番でまとめましょう。

10.序論の最後に結論を書け

よく文章は起承転結といいますが、これは小説での書き方です。

論文で言いたいことは、結論です。

最初にぐたぐだと関係ない前置きや、結論も見えないデータの説明など読者は望んでいません。

論文の結論はほとんど1つです。そしてそれがもっとも伝わってほしいことなので、序論は前置きとともに、結論も書きましょう。

ちなみにこの書き方は英語圏で主流です。

11.本論は結論の理由づけをしろ

序論で結論を書いたならば、その次の本論では、その結論を実証するデータの紹介などの理由づけをしましょう。

12.最後の章(結論)は序論で書いた結論と同じことを書け

結論は序論でも書きましたが、最後にも必ず書きましょう。

まったく同じ文章でもいいですが、少し言い方を変えた方が読者にわかりやすくなるでしょう。

13.上記の結論・理由づけ・結論は必ず守れ

上記で言いました構成の仕方は重要なので再度まとめます。

序論で結論、本論でその理由づけ、そして最後にまた結論で締めくくることによって読者に自分が言いたいことを的確に伝えることができます。簡単に以下に例を記載しておきます。

序論
少子高齢化社会が進む現在では、様々な問題がそれによって生じています。そして、現在も進行中であり、その問題は将来においてはさらに深刻になっているでしょう。このまま少子高齢化が進行してしまえば、私たちの想像をはるかに超えた問題が起きる可能性があります。現在の少子高齢化に関する問題を改善し、将来の深刻な問題を発生させないようにするためには政府は迅速に対策を講じる必要があると考えられます。(下線部分が結論)
本論

政府が少子高齢化対策に重点を置くべき理由は3つあります。

1つ目は(中略)そして、3つ目は序論でも述べたように将来に深刻な問題が発生するからです。

3つ目の理由にある深刻な問題とは次に示す5つが考えられます。1つ目としては(中略)…ということが5つの問題です。

これらの問題は計算上、加速度的に深刻化し、経済及び人口、そしてそれに伴う産業の発展等に関しても影響を与えると考えられます。

結論
以上のことから、政府は少子高齢化に対する対策本部等を強化する当の制作や方針で即急に少子高齢化対策に重点を置くべきです。(下線部分が結論)
もしこのまま何の対策がないまま少子高齢化が進んでしまえば近い未来に日本は衰退の危機へと陥るでしょう。

以上が、この文章構成の例です。このように書いた方がわかりやすくなり、この書き方が論文やレポートでは鉄板となります。

この文章では、章がそれぞれ序論、本論、結論にあたりますが、本論の中ではいくつかの節に分割することもできますね。

この文章構成と章・節・項の区切りをつけることでより見やすくなります。

14.画像や図表を使え

文字をずらーっと並べていただけでは、読みにくいです。

調べたデータがあったとして、そのデータを文字で書き上げるのではなく、画像や図表などを使って見やすくまとめましょう。

15.画像や図表は別紙にまとめろ

画像や図表を使用するときは多ければ多いほど別紙にまとめた方がいいでしょう。

基本的に、文中に画像などを挿入すると文章が途中で区切られて、レイアウトが見づらくなる時があります。

それに図表を見ながら読み進めていくことが多いので、その点でも別紙にある方が便利です。

まとめ方としては、本文とは別の冊子としてまとめるか、同じ冊子にする場合は、レポートの最後のページの参考文献の後にまとめる方がいいでしょう。

16.ページ数をつけろ

各ページにそのページ数をそのページの下などに書いた方がいいです。

特に長くなる場合は、上の目次と合わせて、ページ数が書いてあった方がわかりやすくなります。

17.参考文献を必ず書け

参考にしたサイトや本があるならば、必ずレポートの最後に記述しましょう。

書いていない場合は、その情報の信ぴょう性が疑われたり、著作権の問題が発生する場合があります。

18.どれが引用文で、どの参考文献から引用したものか明記しろ

参考文献を記しただけでは、どこが引用した箇所なのかわかりません。

引用した参考文献ごとに番号をしるし、引用文の最初に「以下参考文献(1)から引用」とか書いたり、もしくは「~である(1)」など引用文の最後に番号をつけたりして、しっかりとどの箇所が参考文献のものか明記しましょう。

19.紙のまとめ方は左上をホッチキスで

レポートが完成したら神の場合は基本的には左上をホッチキスで閉じてまとめます。

上を止めたり、左を止めたりするよりかは、左上に止めた方がめくりやすくなるし、左上に止めるのが基本的ですので、絶対に守りましょう。

20.用紙サイズは基本的にA4

用紙の一般的なサイズは基本的にはA4です。

それ以外のサイズを使う場合には、指示や規定があった場合のみにしましょう。

まとめ

以上が論文やレポートにおいて守らなければならない書き方です。逆にこれさえやればそれはレポートや論文として完璧なものです。

最後に以下に、例を載せながら、理想的な論文を載せて終わりにします。よかったら参考にしてください。

基本事項
  • 用紙サイズはA4
  • ホッチキスは左上にとめる
  • ページ数は各ページの下に記載
  • 必ず表紙をつける
  • 段落は改行で区切る
  • 段落の最初は1文字空ける
  • 目次を用意する
  • 章・節・項に内容を分ける
  • 章・節・項は数行分空けて区切る
  • 章は序論・本論・結論に分ける
  • 序論では必ず結論を書く
  • 本論は序論で示した結論の理由づけをする
  • 結論では序論での結論と同じことを再度書く
表紙(1ページ丸々使う。文字は縦横中央寄せ。)

「地球温暖化について」

作成者:有戸 流斗

目次
  1. 1章「序論」(1~2ページ)
  2. 2章「本論」(2~8ページ)
    1. 1節「地球温暖化の原因」(2~3ページ)
    2. 2節「地球温暖化による問題」(3~8ページ)
      1. 1項「環境への影響」(3~5ページ)
      2. 2項「生活への影響」(5~6ページ)
      3. 3項「社会への影響」(6~8ページ)
    3. 3節「地球温暖化の対策」(8~10ページ)
  3. 3章「結論」(10~12ページ)
  4. 巻末「参考文献」(13ページ)
  5. 巻末「図表」(13~14ページ)
1章「序論」

昨今、地球温暖化の影響によって、何十年に一度の猛暑だと騒がれていますが、その地球温暖化についてのきちんとした知識は一般の方はそれほど持ち合わせていません。知っているのはただ気温が上昇するということくらいでしょう。地球温暖化に関して…(中略)… という普通に生活している人たちには関係のないこともあるかもしれません。しかし、地球温暖化対策については普段の生活での一人ひとりの心がけが重要で、それを自覚して生活することが一番の対策となると考えられます。

2章「本論」
1節「地球温暖化の原因」

そもそも地球温暖化というのはメタンガスや二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が原因で、それらのガスが地球の外側を覆ってしまい、熱を逃がさないようにしてしまうことで、気温が上昇してしまうということです。そして、温室効果ガスの増加の原因には様々なものがあり、主なものを参考文献(1)から以下に引用します。

「温室効果ガスというものは製造業などの分野において排出されるガスが大部分を占めるとともに、家庭での電力使用によっても発生します。具体的には製造業では…(中略)…です。」

つまり、地球温暖化の原因の温室効果ガスは、私たちの私生活が原因で発生することもあり、電力を使用すればするほど温室効果ガスが発生し、地球温暖化を加速させてしまうことになります。

2節「地球温暖化による問題」
1項「環境への影響」

地球温暖化によって引き起こされる問題については、まず、環境への影響が考えられます。主な問題としては次の3つが挙げられます。

1つ目の問題としては気温上昇により、南極や北極などの氷が溶けてしまうことによる海面の上昇です。海面の上昇が発生すると、様々な問題が起きます。

海面の上昇は…(中略)…です。つまり、国土が海面上昇によって海に浸ってしまう国があります。参考(2)

2つ目の問題としては、…(中略)…です。

最後にあげるのは…(中略)…です。

以上が、地球温暖化の環境への影響として挙げられるもので、環境への影響だけでも、様々な深刻な問題が発生してしまうことになります。

2項「生活への影響」

生活への影響は…(中略)

3項「社会への影響」

地球温暖化は産業などの社会への影響も考えられ…(中略)

3節「地球温暖化の対策」

地球温暖化への対策としては、産業分野での対策とともに、もう1つの原因でもある家庭での対策をすることが考えられます。

巻末の図1のデータによると、すべての家庭でエアコンの温度を3℃下げるだけでも、温室効果ガスの排出量は…(中略)…となり、大幅に温室効果ガスを削減することができます。

具体的な対策としては、上述したエアコンの温度を下げることや…(中略)…などが主な対策としてすることができます。

3章「結論」

以上で、地球温暖化の原因や、それによって発生する問題、そしてその対策について論述しましたが、産業分野での対策は世界規模で行われています。残る対策は家庭での対策です。家庭で少しでも対策をすることによって、それをすべての家庭が行えば、温室効果ガスを大幅に削減することができます。私たちが一人ひとり地球温暖化に対して意識を持つことが一番重要です。環境問題が自分と関わりがあることを自覚し、節電など環境に配慮した生活を送ることで、よりよい社会や生活の実現へとつながるでしょう。

参考文献
  1. (1)「温室効果ガスとは」http://…
  2. (2)「海面上昇で国が滅亡の危機に陥る」○○出版 著者:XXXX
図表1
{図表データ}
図表2
{図表データ}

かなり長くなりましたが、以上のように書くといいです。これは長い論文の場合を示したもので、節・項と細かく区切っていますが、もう少し短い論文なら序論と本論と結論だけで十分です。

そして、1ページや2ページの短い論文なら、この論文のように説明することについての概要書き連ねるのではなく、端的に結論と理由づけを書くことが重要です。その場合は、序論・本論・結論を章で区切らず、段落で区切って全体で1つの文章にした方が良いと思われます。

たとえば、上の論文を短い論文にするとするなら、序論と結論はそのままで、本論に端的に一人ひとりの意識の持ち方が重要な理由づけ、つまり、家庭での電力使用が原因で地球温暖化が進んでいること、少しでも減らすことをみんながやれば大規模な効果が認められること、今すぐ対策をしないと将来深刻な問題が発生してしまうことなどを、まず序論で3つの理由がありますなどと述べておいて、本論で説明して、結論に持っていくといいでしょう。

また、上の例ではわかりやすく1章や2節などを題名に含めましたが、もちろん含めなくていいです。そして、序論や本論、結論などの題名もそのままではなく、内容に関連した題名をつけるといいでしょう。

最後に、当り前ですが、読者が読みやすい文章を心がけましょう。そうすることで、質の高い論文やレポートが書けると思います。