【動画解説】忘年会や新年会でおすすめのトランプマジックのやり方13選

【動画解説】忘年会や新年会でおすすめのトランプマジックのやり方13選

忘年会や新年会などでは何か芸を披露する人もいるでしょう。一番代表的なのが一発芸やものまねであったりしますが、マジックや手品などもおすすめです。

特にトランプは簡単に用意できて、テクニックさえ覚えれば簡単にマスターできます。単純なカードマジックですが、やり方次第では見ている人をとても楽しませることができ、大ウケすることもできます。

そこで、今回はそんな宴会でおすすめなトランプマジックのやり方を動画解説で紹介します。みんなをあっと言わせることができマジックですので、ぜひやってみることをおすすめします。それではどうぞ!

忘年会や新年会でおすすめのトランプマジックのやり方13選

1.選んだカードを一番上に移動させるマジック

まずはトランプマジックとして定番である相手に選ばせたカードを山札の一番上に持ってくるマジックです。ありきたりなものですが、だからこそ実際に成功させれば相手をあっと言わせることができるでしょう。

選ばせたカードを山札に戻し、シャッフルした後に一番上に移動しているというものです。基本的には小指で選んだカードをマーキングすることが重要です。あとは、それが一番来るようにしてカードを分けて積み重ねたりすれば、シャッフルしたように見せることができるでしょう。

2.選んだカードを一番下に移動させるマジック

次は、選ばせたカードを一番上ではなく、一番下に移動させるマジックのやり方を紹介します。このマジックは、選ばせたカードを山札に戻すと一番下に移動しているというものです。

これは結構簡単な方法でやることができ、相手が選んだカードを戻す際に別のカードと重ねて、さりげなく下に移動させることで可能となります。

横や下から見ればバレバレですが、上から見れば重なっているのでわかりません。うまくスムーズにやれば本当に移動したように見せかけることができます。

3.相手が選んだカードを当てるマジック

相手が選んだカードを当てるマジックを紹介します。これはカードをシャッフルしているときに、相手の好きなところでストップと言わせて、後はランダムにシャッフルし、最後に山札の中から選んだカードを当てるというものです。

一見難しいように思えますが、テクニック的には単純なものです。これも代表的なマジックであり、成功すればあっと言わせることができます。

これは厳密には自分が選ばせたいカードを相手に選ばせるマジックです。あらかじめ一番下に選ばせたいカードをセットしておき、相手がストップと言ったところで、一度山札をそろえた後に選ばせたいカードを見せることで、相手に自分の選んだカードを見せられていると思わせることです。

スムーズにやればバレる可能性が低くなるので、上達できるように練習してみるといいでしょう。

4.カードを10の形に並べて、相手の選んだカードを当てる

相手の選んだカードを当てる方法としては、形で表現するマジックもあります。あらかじめダイヤの10を選ばせて、シャッフルしたトランプを15枚並べます。そして、そこから5枚取り去ることで、10の形になり、見事的中というマジックです。

言葉では少しわかりにくいので、以下の動画を見てみてください。

タネとしては、以上の「3.相手が選んだカードを当てるマジック」のタネを使って、あらかじめダイヤの10を選ばせておきます。そして、「1.選んだカードを一番上に移動させるマジック」のタネを使って、山札の一番上にし、切って一番下に持ってきます。

後は、適当に15枚のカードを並べます。3枚で右上にダイヤの形を作ります。そして5枚取り除き、10の形を作ります。一番下にあるダイヤの10のカードは、さりげなく1番上に持ってこさせ、最後に見せることで見事的中となります。

これはカードの形で選んだカードを当てるというもので、かなり意外性のある驚きを与えることができます。しかも最後にそのカード自体も見せるということで、よりインパクトを与えられるでしょう。うまくできればかなりすごいので、ぜひマスターしてみてください。

5.ライターの火を使って、選んだカードを当てる

これは、相手の選んだカードをライターの火を使って当てるマジックです。紙に書いて予言していたものが、選んだものとは違った時に、その髪をライターであぶることで紙に書いた記号が変化して見事的中するというものです。

これは、あらかじめ紙にボールペンでダイヤの6を書いておきます。次に、フリクションのボールペンで、上から隠すようにダイヤをハートに、6をQに書きます。

そして、選ばせたいカード(ダイヤの6)を、相手に選ばせます。次に、紙をライターであぶるだけです。フリクションのボールペンは、熱によって消えるので、ライター火の熱で消えて、下に書いてあったダイヤの6が出てくるというものになります。

こちらも、かなりインパクトがあるので、ぜひやってみるといいでしょう。普段タバコを吸う人であれば、さりげなくやって驚かせることができるでしょう。

6.トランプの上にカップが立つマジック

次はトランプの上にマグカップなどが立つマジックを紹介します。ペラペラの一枚のトランプが垂直に立って、さらにその上にカップを乗せることができるなどあり得ません。

しかし、マジックではそれを可能にし、みんなを驚かせることができます。やり方は簡単で、少し細工を施したトランプを用意しておくだけです。

同じ柄のトランプを貼り付けて、その半分がめくれるようにします。そうすることで三脚のようにしてトランプを立てることができ、上にもカップが立つようになるということです。

細工をしたトランプがあればいつでもできるので、用意しておくといいでしょう。

7.バラバラに4分割したカードの1番上が全てAになる

これは、カードの山札を裏返しに4分割したときに、その一番上のカードがすべてAになるという驚きのマジックです。

このマジックは山札のカードの順番を少し細工しなければならず、多少の手間がかかって一度しか行えないマジックですが、成功させれば大ウケすること間違いなしです。

以下の動画でマジックのやり方と種明かしを紹介していますので、ぜひ挑戦してみるといいでしょう。

8.バラバラに4分割したカードがすべて同じ数字になる

このマジックは4種類の数字のカードをそれぞれの記号で16枚使用するマジックです。これを適当にシャッフルして4分割すると、すべての山札が同じ数字で揃うというものです。

同じ数字がそろうというのは結構インパクトを与えることができ、以上のマジックと同じように成功すれば大ウケすることでしょう。

これもあらかじめトランプの並び順に細工が必要で、あとはシャッフルの仕方も重要となりますが、それさえわかれば誰でもできるので、以下の動画を参考にマスターしてみましょう。

9.4枚のエースから選んだものを当てるマジック

最後に紹介するマジックは、4枚のエースを使用し、それを相手にしか見えないように選ばせて、選んだものを当てるというマジックです。

トランプの枚数が多ければ色々と細工できますが、これはトランプの枚数が少ないからこそ細工が困難で、当てるのは難しいと思わせることで、成功させたときにあっと言わせることができるでしょう。

タネは簡単で、トランプの向きをそろえておいて、相手がカードを選んだ時に向きを変えるだけです。そうすることで、図柄の向きが変わっているカードが相手の選んだカードになります。どれも向きが変わっていなければダイヤのエースになります。

10.カードの記号を変化させるマジック

トランプの記号を変えてしまうというマジックもトランプマジックでは有名なものです。同じ数字を4枚取り、赤の記号(ダイヤ・ハート)のカードを見せて裏返しにして伏せ、表にするとその記号が変わって黒の記号(クローバー・スペード)になるというものになります。

これは単純なもので、「黒赤黒赤」という順番にしてカードを持っておきます。そして、見せる時には2枚一緒に裏返して下の赤を見せます。そして、また2枚一緒に裏返し、裏のまま伏せるということで一番上の黒が場に出されるということになります。

2枚裏返すということがポイントとなるので、なるべく気づかれないようにトークで相手の気を紛らわしたり、視線を別のところに移動させるようにしましょう。

11.カードを一瞬で消して戻すマジック

手に持っているカードを一瞬で消して、そしてまた一瞬で出現させるというマジックもあります。これは結構知っている人も多いもので、出来るようになれば見ている人を驚かすことができるでしょう。

このマジックは手の動きのテクニックが重要となります。消すときには指をうまく使って手の後ろにカードを隠し、そしてそれをまた表に出して一瞬で出現させるようにします。

テーブルの下で裏返すと、一瞬で消えたように見えます。テクニック的なコツが必要ですが、スムーズにできるようになるまで練習してみてください。

12.何もないところからカード4枚を出す

何もないところからカードをどんどん出現させるのもトランプマジックの定番です。以下の動画では、カード4枚を出現させるマジックを紹介しています。

このマジックは、うまく見えないようにカードを隠し、1枚ずつ相手に見せるようにして、何もないところから出てきたように見せるものです。

これもテクニック的な要素が強く、習得には時間がかかるでしょう。しかし、ありえないような現象が起きることでインパクトは強いので、ぜひ習得してみるといいでしょう。

13.指ではじくとカードが変化するマジック

指でカードをパチッとはじくと、カードの数字が変化するというマジックもあります。プロのマジシャンなんかも、ちょっとしたものとしてよくやるものです。

このマジックをするには、少し細工がしてあるカードを使います。2枚のカードを裏同士に貼り合わせ、表裏のどちらも数字・図柄になるようにします。

後は指ではじくときに、うまく売ら帰るようにすれば、あたかも違うカードに変わったように見せることができます。うまくやるほど、あっと言わせることができるでしょう。

まとめ

以上が宴会でのおすすめのトランプマジックです。定番のものからちょっとしたすごいものまであるので、ぜひできるものは練習してみんなを驚かせてみましょう。

ちょっとしたマジックでも宴会であれば、成功したときにはウケること間違いなしです。自分の小ネタとしてマスターして、宴会時のちょっとした時間に披露してみるといいでしょう。

また、コインや他の道具を使ったマジックもおすすめです。以下の記事でそのやり方を紹介していますので、合わせて読んでテクニックを習得してみるといいでしょう。

なお、以下の記事ではトランプマジックに必要な知識や技術も紹介していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

カードマジックに必要なトランプの基礎知識と技術・テクニック3選