第二新卒での転職成功のコツは意欲とポテンシャルをアピール!若さは武器である

第二新卒での転職成功のコツは意欲とポテンシャルをアピール!若さは武器である

あなたは、「第二新卒で転職をしたいが、面接ではどんなアピールをすれば成功するのかわからない…」「新卒で短期間で辞めたとか、明らかに不利ではないか…?」と悩んではいませんか?

確かに、新卒で入社したにも関わらず数年以内で辞めてしまったことはマイナス評価になってしまいますし、社会経験も多くないので、それほどアピールできるスキルや経歴もないでしょう。

しかし、それでも不安に思う必要はありません。なぜならば、第二新卒は若いがゆえのポテンシャルを見込んで採用する企業が多いからです。そのため、そのポテンシャルと、その会社で働きたい熱意をしっかり伝えれば、受かる可能性は大いにあります。

そこで、この記事では第二新卒での転職成功のコツについて、企業が第二新卒に何を求めているかについて説明しながら紹介していきます。第二新卒で転職を考えている方の成功の手助けになれば幸いです。それではどうぞ。

企業も第二新卒に大きな期待はしていない

転職と言うと、以下のようなことを思い浮かべませんか?

  • 一定のスキルやキャリアが求められる
  • すぐに活躍できる即戦力が求められる
  • 短期間で辞めてしまった人は転職しにくい

これはすべて、第二新卒にとってマイナスになってしまいますよね。第二新卒は新卒で入社したばかりなので、スキルやキャリアもありません。どんなに優秀でも、やはり転職先での研修期間は必要になり、即戦力としては期待できないでしょう。ましてや、入社後にすぐに辞めてしまいましたからね。

こう考えると、「第二新卒って、超エリートじゃないと無理なんじゃ…」なんてマイナス思考になってしまうと思います。でも、安心してください。第二新卒歓迎で募集をかけている企業は、そこまで第二新卒の転職希望者に即戦力としての大きな期待はしていないのです。

企業だって、第二新卒にそのようなマイナス面があることくらいはわかっています。むしろ、入社してすぐに辞めてしまった人ばかりなので、活躍できるほどスキルを保持している人など稀です。あなたみたいに、まだまだ社会人としてひよっこの人ばかりです。そして、募集する企業側もそれは重々承知の上なのです。

したがって、「入社後にすぐに辞めてしまったから…」などと不安に思う必要はありません。もしそれで不利になるのであれば、第二新卒のすべての人が不利になります。第二新卒はまだまだ社会経験の足りない素人として企業は見ています。別に、即戦力で活躍できるようなスキルもキャリアも求めてはいません。みんな同じ土俵に立っているということを、まずは理解しておきましょう。

若さはアドバンテージ!そのポテンシャルを企業は求めている

では、第二新卒歓迎で求人をかけている企業は何を求めているのでしょうか。その一番求めていることとしては、冒頭でも説明したように、若さゆえのポテンシャルになります。

転職は年を取るほど、難しくなるといわれています。これはいろいろと理由がありますが、主なものは将来性の低さです。年齢が高まるほど退職までの期間が短くなり、会社への貢献度も低くなります。また、健康リスクもあってすぐに辞めてしまう危険もあるからです。

しかし、社会人になりたてのひよっこであればどうでしょうか?1~3年ほどの期間、別の会社で働いてたとしても、まだまだ成長のチャンスは大いにあるのです。それは若さゆえのポテンシャルであり、若さはアドバンテージになります。

そもそも、第二新卒は、多くの企業は新卒とほとんど同じくらいの扱いで見ています。離職経験はあれど、これからうちの会社でずっと働き続けるのであれば、十分に貢献できる人材として育成できると期待して、企業は第二新卒を採用しているのです。

実は、第二新卒は一番転職がしやすい時期

さらに言ってしまえば、その若さは転職においては一番の武器になります。転職において一番重要視されるのは、やはり年齢です。どれだけうちの会社で活躍できるかを人事は評価しますからね。

年を取るほど、転職は不利になってしまうと先ほど説明しました。つまり、社会経験を積むほど、その年齢をカバーできるようなスキルやキャリアが求められます。そのことも相まって、通常の転職活動は困難を極めます。

こう考えれば、スキルやキャリアもなく、しかも短期間で離職してしまったのに、特別枠が設けられている第二新卒がどれだけ優遇されているかがわかるでしょう。特に何も秀でたことがなくても、若いからこその将来の伸びしろに期待され、採用されるのは、一般の転職者から見てかなり羨ましいことです。

誰にでもある若さそのものが武器になり、新卒入社後の離職も若気の至りとして多めに見られます。そんな緩い基準で転職ができるのは第二新卒くらいです。つまり、第二新卒は一番転職がしやすい時期といっても大げさではありません。

そのため、第二新卒の転職は難しいことはなく、むしろ絶好の転職のチャンスになります。別の会社に属することで、そこでの挽回の余地が許されている時期なのです。第二新卒はみんな同じ土俵であることから、ちょっと背伸びすれば、一般の中途採用で入るのは難しい会社にも転職できるなんてこともあり得ます。

もうこの時期を逃してしまえば、転職はあなたが思うように本当に難しくなってしまいます。もしも第二新卒で転職を迷っているのであれば、ぜひともその期間を逃さないように、すぐに転職するべきです。そして、不安に思っている方は、もう少し気楽に、そして自信を持って転職に取り組むべきです。

第二新卒での転職を成功させるコツ

では、どうすれば第二新卒での転職を成功させることができるでしょうか。社会経験が皆無に近いので、アピールできるスキルもありませんからね。しかし、それでも大丈夫なんです。

1.仕事への前向きな意欲・熱意が一番重視される

上述したように、第二新卒の希望者は若さのポテンシャルを期待されています。それならば、そこを全力でアピールするだけです。もちろん、どんなにポテンシャルがあっても、それが活かされなければ意味がありませんので、仕事に対する意欲・熱意が必要です。

実際に、「入社意欲の高さ」を第二新卒の採用基準として重視している会社は多いです。

第二新卒の採用で重視した基準

簡単に言えば、「私はこの仕事でスキル・キャリアを磨き、成長をしていきたいと同時に、御社に貢献できるように全力で頑張りたいです!」というようなアピールすれば、「熱意もあるから若さというポテンシャルが活かせる!採用だ!」となります。

2.前職の退職による反省・改善も重要

また、「うちの会社に入ってもすぐに辞めるんじゃ…」と思われないように、前職の退職を踏まえた反省・改善も必要になります。退職理由を面接で聞かれますが、その際に一緒に説明するのが好ましいです。

例えば、「私はチームワークを重視した仕事をしたいと思い、前の会社に入社しました。しかし、チームは一応組むのですが、実際には個人で業務にあたることが多く、チームワークが意味を成していませんでした。その部分への不満が募り、もっとチームで団結して成果を上げ、お互いに高めあうことができるような仕事がしたいと思い、転職を決意しました。」というような感じですね。

第二新卒のほとんどがネガティブな理由で転職を決意したということは、人事もよく知っています。ポジティブな面だけ強調しても見抜かれやすいので、反省・改善を踏まえてポジティブな方向に話を持っていきましょう。

3.将来のビジョンも語ろう

仕事に対する熱意・意欲という部分には、その仕事を通じての将来のビジョンが定まっているかどうかも注目されます。将来的にどのようなキャリアを積み重ねたいか決まっていなければ、またすぐに辞めてしまう可能性が高いですからね。 

そして、将来のキャリアプランやビジョンを説明することが必要になります。実際に、第二新卒の面接でも聞かれやすいポイントです。

例えば、「御社での仕事を通じ、その分野でのスキルアップを図りたいです。そして、将来的にはスペシャリストを目指し、現場の第一線で働き続けることを目指したいです。」という感じですね。

将来のビジョンが明確であり、同時に意欲的であれば、「この人は長く働き続け、企業へも貢献してくれるだろう」と高評価されます。

4.基本的なビジネスマナーもしっかりアピール

第二新卒は、新卒と比べて少しだけ社会経験があるので、その研修コストをいくらかカットする目的で、企業は募集をかけます。つまり、ビジネスパーソンとしての基本的なマナーやスキルにも注目されます。

そこで、ちょっとしたことでも良いので、役立つようなスキルや経験は自己PRで話すようにしましょう。

  • ビジネスマナーは一通り学びました
  • 書類の作成ができます
  • 営業で成果を上げたことがあります
  • ホウレンソウは欠かさずに行っていました
  • エクセルやパワーポイントなどの基本的なPCスキルは身についています

このように、些細なことでも、まだまだ社会経験の少ない人としては上出来だと評価されます。

5.転職エージェントを活用する

とは言っても、やはり簡単にアピールすれば合格できるほど転職は甘くはありません。それに、転職未経験なので転職の進め方がわからず、不安が尽きないということもあるでしょう。また、転職したはいいものの、「思ったのと違った…」なんてミスマッチを引き起こし、また転職を繰り返してしまうなんてことも怖いですよね。

そこで、第二新卒での転職には転職エージェントを活用することがベストな対策になります。転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。求人を出している会社から報酬をもらっているので、転職希望者は無料で利用できるんです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

キャリアアドバイザーは転職のプロであり、業種・年収・残業時間などの希望条件を相談すれば、それにぴったりの転職先を提案してくれます。新卒で失敗した理由も相談すれば、その心配のない企業も選んでくれます。「思ったのと違った…」なんてミスマッチも防ぐことができるはずです。また、採用試験の対策として書類・面接対策も行ってくれます。

転職エージェントを活用すれば、自分の希望に合った転職先を見つけることができますし、試験対策もばっちり行ってくれますので、転職成功率は大いにアップします。第二新卒の転職未経験者でも、不安や失敗のない転職をすることができますよ。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<