在職中に転職活動をする際に注意するべきこと!気のゆるみや上司にばれるリスクに用心せよ

在職中に転職活動をすることは、現職が失敗のリスク回避の役割を果たしてくれるメリットが非常に大きいので、とてもおすすめになります。

いくら失敗してもブランク期間は発生しませんし、今の会社から給料をもらい続けることができるので、収入源や生活費にも困ることはないでしょう。

仕事が忙しいことがネックになりますが、失敗のリスクがないことで、時間さえかければ、やがては成功にたどり着くことになります。

しかし、だからといって、在職中の転職活動を油断してはいけません。メリットが大きい在職中とはいえ、そこにはやはりいくつかの問題もあります。

そこで、この記事では、在職中に転職活動をするにあたって注意するべきことを紹介します。以下で紹介することに用心しておかないと、転職がうまく進まず、いつまでも成功できないなんてことになってしまいますよ。在職中に転職活動を始めようとする方はぜひ一読してみてください。それではどうぞ!

在職中に転職活動をする際に注意するべきこと

1.就業規則で禁止になっていないかチェック

まず注意するべきことは、会社の就業規則で在職中に転職活動が禁止になっていないかどうかチェックするようにしてください。

実際には、どんな人にでも「職業選択の自由」の権利がありますので、就業規則で在職中の転職活動が禁止になっていたとしても、制限や処罰を設けることはできません。

もしも、在職中に転職活動をしていることがばれても、お咎め程度で済むはずです。よほど悪質な会社か、もしくは転職を優先して職務をひどく怠慢していない限りは、処罰の心配はありません。

そのため、就業規則で禁止になっていても、在職中の転職活動を頓挫する必要はありません。仕事さえこなせれば、気にせずに転職活動もしてOKになります。

とは言え、処罰はなかったとしても、みんなが守るべき社内のルールに違反するということで、周囲からは厳しい視線を浴びることになり、社内での風当たりは間違いなく悪くなります。裏切り者のようにみんなから見られ、転職活動は確実に停滞することになるでしょう。

そこで、就業規則で禁止になっている場合には、できるだけ慎重にばれないように隠密に転職活動を進めるべきです。

2.転職活動をしていることがばれないように気を付ける

たとえ、就業規則に触れなくても、在職中に転職活動をすることは悪く思われがちです。特に、上司からはかなりのプレッシャーをかけられるようになります。部下が辞めれば後任の人にまた仕事をイチから教えなければいけませんからね。「お前は無責任だ」「非常識でありえない」なんて罵声を浴びるようになるでしょう。

そこで、在職中に転職活動をする際には、就業規則で禁止であろうがなかろうが、とにかくばれないように進めるということが大事になります。

そのためには、「在職中の転職活動が上司にばれるのを防ぐ!ばれないように秘密に転職活動を進める方法」の記事で紹介している以下の対策を心がけるようにするべきです。

  • 転職活動をしていることを誰にも言わない
  • 転職を疑われる行動・服装は避ける
  • 転職活動のために休みを取る場合には、理由は「病欠」などでごまかす
  • 転職活動のために休んでいる際には、会社の人に出くわさないようにする
  • 転職活動を優先しすぎて、仕事がおざなりにならないようにする

とにかく、転職を考えていることがばれるきっかけになる行動は、どんなにばれる可能性が低くでも控えるようにしてください。上司に伝えるのは、内定が決まってからで大丈夫です。

なお、もしも上司にばれてしまった場合には、何を言われても無視で構いません。部下が辞めた場合にうまく対処するのも上司の仕事のうちなので、無責任とか恩知らずとか言われても、罪悪感を感じる必要はありませんよ。転職をするかどうかはすべてあなたの自由に決定できるものですからね。気にせずに転職を進めましょう。

3.忙しい時期での転職活動は避ける

さて、在職中の転職活動の一番のハードルと言えば、仕事との両立ですよね。在職中は今の会社の仕事も同時にこなさなければいけないので、転職活動の時間も限られてしまいます。仕事が忙しいほど、転職活動は進みにくくなることは間違いありません。

そこで、できるだけ転職活動の時間を確保するためにも、忙しい時期に転職活動をスタートさせることは控えましょう。当然ですが、繁忙期や決算期はNGで、その時期が終わった後にスタートさせるのがベストタイミングになります。

具体的なタイミングをいつにするかは、内定の決定にかかるまでの期間も考慮しましょう。下記の図を見てください。

在職中/退職後のそれぞれの転職が決まるまでの期間の割合

これは、転職経験者が内定を決めるまでにかかった期間の集計結果です。在職中の転職活動経験者は、半数が3か月以内、そして9割が6か月以内で転職を終えています。

これを目安に、3~6か月の間、それほど忙しくない時期に転職活動をするのがベストです。「忙しくない時期がない…」という方は、一番忙しい時期を除き、消去法で転職活動をする時期を見つけてみてください。

4.目標期間を定めて短期集中で臨む

冒頭でも説明したように、在職中に転職活動を進めることで、失敗のリスクを回避することができます。いくら失敗しても、現職が下支えとなってくれるので、現状のキープにとどめることができます。職歴や生活が悪化するリスクはなく、非常にメンタル的に楽に取り組めるはずです。

しかし、だからといって油断は禁物です。「失敗しても大丈夫だから気楽にやろう」なんてのんびり考えていると、いつまで経っても成功へはたどり着けないことになります。気が緩むことで、転職活動をサボってしまうこともありますし、面接も万全な気持ちやコンディションでは臨めず受かりにくくなるでしょう。

そうしてずるずると転職活動が長引くことで、最終的には挫折することになります。その時点で転職の熱が冷めたとしても、いつかはまた転職したいと思うようになります。しかし、そのいつかは、いつになるかわかりません。

年を取るほど、転職は不利になります。何年も経ってから転職への思いが再燃しても、時すでに遅しです。「あの時にもっとちゃんと転職活動に取り組んでおけばよかった…」と後悔することになります。

この事態は一番避けたいものなので、上で説明したように3~6か月を目安に転職活動の目標期間を決め、自分の行きたい会社に受かるために全力を尽くしましょう。強い決心とモチベーションがあるときに行動することで、ベストパフォーマンスを発揮できます。その状態が転職成功に一番近い状態となるので、在職中であれど、気を引き締めて転職活動に取り組むようにしましょう。

5.何があっても絶対にあきらめない

さて、転職のやる気や熱意は100%あるけれども、なかなかうまくいかずに失敗続きになってしまうなんてことも珍しくはありません。そうなると、モチベーションが低下し、挫折の方向に傾いてしまうことになります。

しかし、一度転職をしようと決意したのであれば、何があってもあきらめないようにしてください。上述したように、気のゆるみで挫折した場合と同様に、失敗続きで挫折した場合でも、あなたの転職への思いは確かに存在することに違いはありません。そこであきらめれば、やがて後悔の連続に苛まれることになります。

もしも挫折しそうになったのであれば、あなたがなぜ転職を決意したのか、その都度思い出してみてください。

  • 残業地獄から解放されたい
  • もっと高給な仕事をして、生活を充実させたい
  • キャリアアップ・スキルアップを目指したい
  • 前からあこがれている業界で働きたい

このように、人それぞれ思いがあることでしょう。そして、それを強く思い出せば、モチベーションは復活できるはずです。もしも転職しなかったらどうなるか、そのバッドエンドの未来を考えてみるのもいいでしょう。

転職成功後の明るい未来と、転職未遂後の地獄の未来、どちらがいいかは明らかです。何があってもあきらめないようにすること、これが在職中の転職活動における一番の注意点と言っても過言ではありません。強い信念と決意を持って、成功できるまで突っ走るようにしてみてください。

在職中の転職活動を成功させるには転職エージェントを利用しよう

以上、在職中の転職活動において注意するべきことなりますが、やはり仕事とも両立させなければいけないことがネックとなり、在職中の転職活動は困難を極めやすいです。

そこで最後に、成功のアドバイスとして、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主にカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を紹介してくれます。また、面接の日程調整における企業との連絡も、すべてエージェントが代行してくれます。これらのサポートがあることで、転職活動の手間を最大限省くことができ、仕事と両立させながら、無理なく進めることが可能になります。

さらに、書類・面接対策も行ってくれます。自己PRや志望動機を、合格するためにはどんな内容にすればいいか丁寧に指導してくれますので、希望の企業に受かる可能性はグッと上がるようになります。

このように、転職エージェントを活用すれば、在職中で仕事が忙しくても、スムーズに転職活動を進めることができますし、成功率も大幅にアップします。転職のハードルをできるかぎり低くできますので、ぜひ相談してみることがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA

転職サイトとの併用もおすすめ

理想の転職求人を探すには、転職エージェントと同時に、転職サイトの活用もおすすめです。そのサイトでしか見つからない求人も多数あるので、選択肢を広げるためにも、登録しておくべきです。

おすすめは、「リクナビNEXT」です。

  • 掲載求人数は5000件以上と豊富
  • その85%がリクナビNEXT限定の求人
  • 企業(非公開求人も含む)からオファーが来るスカウト制度あり
  • グッドポイント診断で、自分の強みを客観的に把握でき、書類・面接での自己分析に活かせる

このように、圧倒的な求人数を誇りますし、スカウト制度やグッドポイント診断など、他の転職サイトにはないサポートも満載です。

リクナビNEXTで良い求人に目星をつけておき、転職エージェントで紹介されたのと比較したり、転職エージェントで似たような求人がないか相談してみることで、最適な転職先を見つけることができます。

もちろん利用は無料です。求人の候補が広がれば、それだけ自分にベストな転職先を見つけやすくなり、後悔しない転職をすることができます。ぜひ登録して、どんな求人があるのか確認してみるといいですよ。

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら