在職中の転職活動は裏切りでも非常識でもない!罪悪感なんか捨てて、自分の好きに転職しよう

在職中の転職活動は裏切りでも非常識でもない!罪悪感なんか捨てて、自分の好きに転職しよう

あなたは在職中に転職活動をしようと考えているけれども、「裏切りや非常識で、ちょっと罪悪感が…」なんて悩んではいませんか?中には、そうやって上司に叱責される方も多いでしょう。

しかし、在職中に転職活動にそんな感情論は必要ありません。転職しようがしまいが、それが在職中であるがなかろうが、裏切りでも非常識でもなんでもないんです。もちろん、罪悪感を感じる必要なんてまったくありません。

転職活動するかどうか決めるのはあなたの意思次第であり、あなたの自由です。そこで、この記事では、在職中の転職活動について罪悪感を感じている方へ、転職における考え方やアドバイスを紹介します。

罪悪感とか感情論とか、そんなのいちいち気にしていては、あなたの人生が台無しになってしまいますよ。在職中に転職活動をしたいのであれば、周りのことなんか気にせずに行動していいんです。この記事を読んでぜひ決心を固めるようにしてください。それではどうぞ!

在職中の転職活動は裏切りでも非常識でもない

在職中の転職活動は裏切りではない!職務を全うすれば問題なし

在職中に転職活動をすることにおいて、「他の会社に行こうといているのに働き続けるって、なんだか給料泥棒みたいだし、上司からもいろいろお世話になっているし、やっぱり裏切りなんじゃ…」と考えてはいませんか?

そんな考え方は捨て去ってください。会社や仕事に感情論や義理人情なんて必要ありません。所詮、仕事は雇用契約なんですからね。仕事をして賃金をもらう。その契約がしっかりと履行されていれば問題ありません。

強いて裏切りがあるとすれば、職務を全うしない場合ですね。仕事をサボって転職活動をするのであれば、それは明らかに給料泥棒で、会社に対する裏切り行為です。

しかし、任されている仕事を全うし、後々支障が出ないようにきちんと引継ぎをして会社を去るのであれば、何も問題ないですよ。「定年まで働くこと」なんて契約はしていませんからね。在職中の転職活動は裏切りなんて考え方は、所詮は会社のご都合主義なんです。

在職中に転職活動を行う人はたくさんいる

実際に、在職中に転職活動を行う人はかなり多いです。

転職成功者が転職活動をした時期

これは転職成功者に、いつ転職活動を実施していたかアンケートを取った結果になりますが、約8割もの方が在職中に転職活動を行ったという結果が出ています。

このように、在職中の転職活動が圧倒的に多く、ごく一般的なものになります。必ずしも、今の会社を辞めた後に行わなければいけないなんてものではありません。そんな法律もルールもありません。 

周りを見れば、在職中に転職活動している人だらけですよ。それを裏切りだなんて否定してくる輩は、かなりの時代遅れの腐った思考の持ち主なんでしょうねえ。

在職中の転職活動が非常識だったら、世の中非常識な人だらけです

さて、在職中の転職活動が非常識だということについて触れてみましょう。上述したように、在職中に転職活動をする人は、かなりの割合を占めています。

もしもそれが非常識な行為であるとすれば、世の中の社会人の大半は非常識人ということになりますねえ。そうだとしたら、とっくに日本の社会や経済は崩壊していますよ。

結局は仕事さえしっかりこなせればいいんです。裏切りだとか非常識だとか、働き方を感情論や道徳論で決めつける考え方のほうがよほど非常識ですよ。

上司に何を言われても無視無視

実際に上司に、「非常識だ」「裏切りだ」「社会人としてあり得ない」なんてお咎めを食らって悩んでいるなんて方も多いはずです。

でも、そんなのは完全スルーで構いませんよ。ここまで説明してきたように、在職中に転職活動を行うことは、ありふれた行為で、裏切りでも非常識でもありません。

何を言われても無視です。気に病む必要もありません。転職してしまえば、とっととおさらばできるんですからね。

あまりにもひどい言われようであれば、「在職中の転職活動が裏切りとか、会社を家族かなんかと勘違いしているんですか?あなたの脳みそはかなりお花畑なんですねー。それに在職中に転職を行う人はたくさんいますよ。その全員が非常識だったらとっくに日本は終わっているはずなんですけどねー。仮にそうだとしたら、弊社の中途採用で受け入れている方々は、みんな非常識人ということになりますねえ。そんな人を採用するなんて、あなたたち上層部の目はよほど腐ってるんですねえ。」なんて言い返してあげましょう。

在職中の転職活動の罪悪感なんか気にするな!自分の好きに行動するべき

あなたには職を選ぶ権利がある

そもそも、あなたには自由に職を選んでもいい権利があります。「職業選択の自由」ということで、憲法にも定められています。

その自由権を行使して何が悪いんでしょうか。批判してくる上司には、「職業選択の自由をご存知ですか?」なんて冷やかしてもいいくらいです。

今の仕事を辞めるも続けるも、在職中に転職活動を行うも行わないも、すべてあなたの自由になります。裏切りでも非常識行為でもなく、れっきとした権利行使であるので、自分自身の行動には強い自信を持って構いません。

仕事に感情論は不要!罪悪感なんか1ミリも感じる必要なし

そして、あなた自身、罪悪感を感じてしまうこともあるでしょうが、そんな感情はさっさと捨てちゃいましょう。1ミリも感じる必要はありません。

確かに、今までお世話してくれた上司の恩が無駄になるということで、そこに罪悪感を感じてしまうのだと思います。しかし、上述したように、仕事とは感情論や義理人情が含まれるものではありません。所詮、仕事は機械的な観点からの仕事にしかすぎないんです。

部下を教育して世話すること、それが上司としての仕事なんですよ。部下を世話することで会社から給料をもらっているんです。それも一つの雇用契約上の仕事であり、恩も何もないですよ。それに、部下が辞めたときにうまく対応するというのも、上司の仕事の範疇です。

無給で仕事を教えてもらっているなら、それは恩義に当たります。しかし、仕事の範囲内で教育をしているだけの癖に、「俺の恩を無駄にするのか!」なんて叱責されるのは訳が分かりませんよ。「あなたそれでちゃんと給料もらってたでしょ?」って話です。

会社は利益の追求を目的としたビジネスを行う組織です。そして、そこで働く社員も、自分の利益を給料に求めて働いてるんです。本当の恩義を尽くして働いている方なんて皆無に近いですよ。

仕事は仕事である。それ以上でもそれ以下でもありません。そこに必要なのは仕事の遂行能力で、恩義などは無意味、そもそも存在していません。そう考えれば、罪悪感なんか感じることがバカらしくなるはずです。

ヘタな感情に流されて転職しなければ、地獄と後悔の日々が待っているだけ

もしも、罪悪感などのヘタな感情に流され、転職を断念すればどうなるでしょうか。あなたは、その会社に何かしら不満を抱き、そしてその解消と転職先への期待を望んで転職を考えたはずです。

転職をしなければそれがすべて崩れ去ってしまいます。

  • 人間関係の悩みは解消されず、最悪にはうつ病になる
  • 残業がつらければ会社に搾取されるだけで、過労死してしまう
  • スキルアップ・キャリアアップを望んでも転職しなければ実現しない
  • やりがいのある仕事をしたくても、今のつまらない仕事を続けるだけ

何もかもいい結果にはなりません。その果てに待つものは、地獄と後悔の連続の日々でしかないでしょう。

退職後に転職活動を始めようとするのも、あまりよろしくない

また、罪悪感を感じるからと言って、一度仕事に区切りをつけ、退職後に転職活動を始めようと考える方もいるでしょう。しかし、それはおすすめできません。

転職というものは結構難しいもので、失敗続きになる可能性も高いです。それが退職後であると、貯金はなくなり、ブランクも空き、生活も転職も苦しくなる一方になります。

在職中であれば、収入源は途絶えないので、失敗続きでも問題ありません。在職中に転職活動ができるのであれば、なるべく在職中にするべきです。おそらく、あなたが在職中に転職活動を考えているのは、そのようなメリットがあるからのはずです。

あなたの意思を最優先しよう!在職中に転職活動をしたいならば、そうするべき

最終的にはあなたの意思を最優先に考え、それに素直に従ってください。ここまで説明したように、在職中に転職活動を行うことは、裏切りでも非常識でもありません。それゆえ、罪悪感をについて微塵も感じる必要はありません。

いつ転職を始めるか、どこに転職をするか、転職についてはすべてあなたに決定権があります。周りに流されたり、無理に合わしたりすれば、あなた自身が不利益を被る形になるのは明らかです。

自分の意思に反して不本意に働かなければいけない仕事などありません。あなたが転職したい、そして在職中から転職活動を始めたいと思うのであれば、その通りに行動しましょう。

それこそが、あなたの望むベストな選択肢であり、その結果もベストなものになるはずです。ぜひ、勇気と自信を持って行動してみてください。

在職中に転職活動を成功させるには、転職エージェントの活用がおすすめ

さて、最後に在職中に転職活動を成功させるアドバイスを紹介します。在職中であれば、やはり仕事が忙しくて転職活動がうまく進まないというデメリットがネックになります。

そこで、そのデメリットをなくし、できるだけ転職の成功率を高めるには、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主に、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした求人を、プロの目線からピックアップしてくれます。ほかにも、合格するための書類・面接対策や、面接や入社日の調整に伴う企業とのやり取りの代行など、いろんなサポートをしてくれるサービスです。

転職エージェントに相談することで、転職活動の手間を減らしてくれて、在職中でも無理なく転職活動を進めることができます。さらに、転職のプロが求人を選んでくれたり面接の指導をしたりしてくれるので、転職の成功率は格段にアップすることは確実です。

成功率が上がるということは、できるだけ早く内定をもらえるということなので、今の不満の多い職場からも早く逃げることが可能です。転職活動を始める際には、ぜひ利用してみることがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA