社内恋愛の別れ・破局を理由に会社を辞めるのもあり!人間関係による転職の1つです

社内恋愛の別れ・破局を理由に会社を辞めるのもあり!人間関係による転職の1つです

会社は本来は仕事をする場所ですが、たくさんの人との出会いがあります。その出会いによって、同じ職場内の人と恋愛関係になるという方もたくさんいるものです。いわゆる社内恋愛や職場恋愛というものですね。

そんな社内恋愛のカップルの中には、めでたくゴールインして生涯のパートナーになるという方も多くいます。しかし、逆に、関係が悪化して別れてしまうという方も多いでしょう。

めでたく結婚できたのであれば問題ありませんが、社内恋愛で別れてしまうと、結構厄介になります。普通の恋愛であればそのままバイバイですが、同じ職場なので、別れたままの気まずい関係で接しなければならない場合もあるでしょう。

そして、今まさにあなたも、「社内恋愛で別れてしまって、その人と職場で気まずい…」なんて悩んではいないでしょうか?そして、その辛さに耐えられなくて、会社を辞めたいと思っていませんか?

もし、そうであれば、その気持ちに素直に従って会社を辞めて転職するべきですよ。そこで、この記事では、社内恋愛の別れを理由に会社を辞めたいと悩んでいる方について、そのアドバイスを紹介したいと思います。まさにドンピシャで悩みを抱えている方は、ぜひ一読してみてください。

「社内恋愛の別れ」は、転職理由で最多の「人間関係の悩み」の1つ

社内恋愛の破局によって会社を辞めたいと思っていても、「社内恋愛が理由で転職って…。完全にプライベートの問題だし…。」と気が引けてしまう方も多いと思います。でも、それは立派な転職理由になるはずです。

なぜならば、転職を決意する理由として一番多いのは「人間関係による悩み」だからです。

転職理由ランキング

このグラフを見てもらえばわかるように、退職理由としては人間関係の悩みによるものが、圧倒的多数になります。

職場での人間関係と言うと、うざい上司がいるとか、同僚にいじめられているなんてことをイメージしますが、他にもたくさんあるはずです。人間関係の悩みは、人と関わるだけ増えますからね。

そして、その転職理由としての人間関係の悩みの中には、社内恋愛の破局による関係の悪化というものもあるはずです。社内恋愛では破局した人すべてが、気まずいまま元恋人と一緒の職場では働き続けるなどあり得ませんからね。

確かに社内恋愛はプライベートな問題になりますが、そもそも人間関係自体すべてがプライベートなものです。同僚や上司との人間関係の悩みでも、単にお互いの考え方や好き嫌いの問題で馬が合わないはずです。そこに、仕事や業務の要素は何もなく、完全に私情が生み出した悩みにしか過ぎません。

そう考えれば、恋愛関係の悪化も、うざい上司がいるとか、同僚からのいじめなどのような人間関係の悩みに当てはまるでしょう。「気まずい職場仲間がいる」「特定の職場仲間とうまくいかない」など、転職を決意する理由として十分なものです。

気まずいまま仕事を続けても、どんどんつらくなるだけ

「でもやっぱり…」となかなか会社を辞めることに踏ん切りがつかないという方もいると思います。その際には、もしもその辛いまま会社で働き続ければどうなるかを考えてみてください。

恋愛関係の終局というものは、まるで天国から地獄に落とされたようなものです。関係が良かった頃と悪くなった今とでは、その差が大きいです。どんな人間関係の終了よりもギャップがあるでしょう。

その大きく開いたギャップを埋めることはなかなか難しいです。元恋人同士で別れてからも仲良く接することができるなんて、そうは聞きません。数年後に同窓会で久しぶりに会うとか、そのくらい年月をかけなければ、お互いの溝は狭まらないのです。

ましてや、職場で頻繁に接するとなれば、相手を変に意識してしまうので、その溝は狭まるどころか広がる一方です。あなたは元恋人と接するたびに、辛い思いをすることでしょう。そして、その辛さは日が経つにつれてどんどん膨れ上がるはずです。

そうなってしまえば、もう何もいいことはありません。ストレスがたまり続けて、最悪の場合にはうつ病になってしまう危険もあります。

そんなことになる前に、会社を辞めたいと思うほどひどく悩んでいるのであれば、早く辞めて転職するべきです。それが、あなたにとって一番の解決策になるはずです。

自分だけではなく、周囲にもたくさんの迷惑がかかる

社内恋愛の破局の悩みを抱えているときは会社を辞めるべきというのは、あなただけのことを考えてのことではありません。周囲の職場仲間、そして会社そのもののことも考えて、もっと働きやすい職場に転職するべきだと言っています。

なぜならば、あなたがその悩みを抱えていることで、周囲にもたくさんの迷惑がかかるからです。社内恋愛の破局が他の職場仲間に知れ渡ったのであれば、その気まずさが周囲に伝染してしまいます。あなたと元恋人2人のせいで、職場がギスギスしたような雰囲気になっているかもしれません。

そして、周りの人が普段よりも気を遣わなければいけなくなるでしょう。もし、あなたが他の職場仲間の社内恋愛破局のニュースを聞いたときのことを考えてみてください。同じように気遣いをしなければならず、それで疲れてしまうはずです。恋愛の話題については触れないようにしたり、あなたと元恋人をできるだけ同じ仕事にならないようにしたりと、周囲の人はいろんな気遣いをしなければなりません。

さらには業務にも支障をきたす場合もあります。あなたが悩みを抱えていることでモチベーションが上がらずに、生産性が低下してしまうはずです。また、チームで仕事をしている場合には、上述したように気まずい雰囲気が周りの人にも伝染してしまい、チーム全体の業務効率が低下するでしょう。

「自分だけの問題だから…」とふさぎ込むのはNGです。それは単なる勘違いとなります。仕事が人間関係で成り立っている以上、少数でも関係が悪化すれば、それは周囲にも悪影響を与えてしまいます。チームワークが重要な仕事であれば、なおさら悪影響を及ぼすことになります。

つまり、社内恋愛での悩みを抱えたまま働き続ければ、あなたがつらいだけではなく、周りの人も同じように苦労しなければならず、そして会社自体にも悪影響を与える可能性があるのです。

雇ってもらっている以上、会社の利益になるように働かなければいけません。しかし、プライベートの問題で業務効率を低下させてしまえば、会社の足を引っ張っているだけです。そのような理由でも、辞めたいほどにつらく悩んでいるのであれば、できるだけ早く辞めて働きやすい会社へと転職することをおすすめします。

スムーズに転職するには、転職エージェントの活用がおすすめ

しかし、「転職するべき」と一言に言っても、そう簡単にはうまくいくはずないですよね。求人を探さなければいけませんし、採用試験にも合格しなければなりません。社内恋愛が原因だと、面接で聞かれる退職理由も困ってしまうでしょう。

そこで、転職エージェントの活用がおすすめになります。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが転職活動を無料でサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件をもとに、ぴったりの働きやすい転職先を紹介してくれます。また、書類・面接対策も行ってくれますので、採用試験に合格しやすい対策ができるメリットもあるんです。社内恋愛が転職のきっかけだと面接での退職理由に困りますが、そこをどう受け答えすればいいか、しっかりとアドバイスしてもらえます。

社内恋愛でつらい悩みを抱えているのであれば、できるだけ失敗することなく早く転職先を決めるべきです。転職エージェントの助けがあれば、心理的にも楽になりますし、スムーズに転職を成功させることができるので、活用してみるといいですよ。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<