頑張った自分へ言ってあげよう!自分を褒める時に使いたい褒め言葉32選

今日も一日頑張った、何かを成し遂げることができた、ちょっとでも成功することができた。そんなときには、ぜひとも自分へ褒め言葉を送ってあげたいものです。

「でも、どんな言葉で自分を褒めればいいんだろう…」なんてわからないという方も多いですよね。

そこで、この記事では自分を褒めるための上手な褒め言葉を紹介します。自分を褒めようと思っている方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

自分を褒める時に使いたい褒め言葉32選

1.今日も一日お疲れさん

今日仕事で一日やったことに対して、特別誰かが毎日ねぎらってくれることはまずありません。だから、自分が誰より先にねぎらってあげるのです。

こうすることで、仕事の終わりに区切りがつけられるし、一息ついてもいいんだなと思えるアンカーになります。

2.みんなも喜んでくれてるよ

他の人のために何かができたんだと思えると、やったことの大小に関わらず大きな満足感を得ることができます。

自分が自分の仕事をこなすことで、喜んでくれる人がいる。そう感じたら、「みんなも喜んでくれてるよ」と自分を褒めてみましょう。

そう思えるだけで、「次の仕事も頑張ろう!」とやる気がわいてきます。

3.やればできるじゃん!

少しでも何かを成功させることができた場合には、「やればできるじゃん!」と自分に言い聞かせてみてください。

たとえ、ちょっとした失敗などが目についても、少しの成功でいいので、このように自分を褒めてみてください。

そうすれば、心はしっかりと満たされるようになるはずです。

4.私も意外とやるじゃない

なかなか自分に対して素直になれない人ならば、変に恥ずかしさを感じてしまうストレートな褒め言葉よりも、ちょっと斜に構えたようなこの言葉で済ませるといいでしょう。

気楽に言えるものだし、意外と後からジワジワとうれしくなり、今後へのやる気につながってゆくものです。

5.成長できたね

なにかを成し遂げたことだけではなく、それによって成長したことも褒めてあげましょう。

成功できれば成長するのは当たり前だし、失敗でもそれは成長の糧になります。

ちょっとでも新しい気づきがあれば、それは成長の証です。「成長できたね!」と思う存分、自分を褒めてみてください。

6.君のおかげで今日もご飯がうまい!

人はご飯を食べているときには幸せな気分になります。そして、おいしく食べることができるのは、常に自分が頑張っているからです。

そこで、「君のおかげで今日もご飯がうまい!」と自分に語りかけるようにして褒めてあげるようにしてみてください。

その日のご飯も格段と美味しく感じる上、この美味しさは自分の頑張りありきだと思うことができ、幸せな気持ちになれます。

7.今日もあなたらしく生きている

一日のはじまりや終わりに自分にかける言葉としておすすめです。

昨日を生きたから今日がある。今日を生きようとするから明日があるのです。今がどんな状況でも自分は精いっぱい生きています。一生懸命生きているだけで十分に褒められることです。

また、普段を自分らしくただ過ごすことができているのは、ありのままの自分に嘘をついていない証拠です。

他人の評価や目線にとらわれず、自分というものを自己認識できているのは、それだけで褒められることに値します。

8.頑張ってるね

褒め言葉としての定番は、やはり「頑張ってるね!」というものです。

実際に頑張っているときに使うのもよし、くじけそうになった時にモチベーションを高めるために使うのもよし。

いろんなシーンで自分を褒めるために使える言葉です。些細なことでも、「頑張ったね」と自分を褒めてみてください。

9.よくここまで頑張ってこれたね

今の成功を見て、過去に重ねてきた努力や工夫を褒め称えたいときにはこの言葉がおすすめ。

その成功がいかに難しく大変であったかを自分に改めて意識付けし、この言葉を自分に言ってみてあげましょう。

また同じような困難が訪れたときも、この言葉を再び送れるよう頑張れることでしょう。

10.最後までやりきったね

何かをやり遂げるということが得意ではない方にお勧めの言葉です。

集中力が持たなかったり飽きてしまったり、途中で投げ出すことも多いけど、それでも何かを最後までやりきることができれば、褒めてあげるようにしましょう。

11.なかなかいい感じじゃない?

色々と工夫を重ねてきてようやく良い結果に結び付けられたときには、この言葉をかけてあげましょう。

今後への期待や展望が急に開けてきたとき、やっとそのうれしい気持ちを表現できるとしたら、期待と若干の不安が入り混じったこの言葉がピッタリくるものです。

12.やったね!

大きな達成感を感じた瞬間、こんなシンプルな褒め言葉でもいいでしょう。

長ったらしい褒め言葉よりも、ストレートに自分を褒めることができます。深く考えなくともすぐに出てくるので、素直に自分を褒めることができるでしょう。

13.自分の道を行って正解だったね

他人と意見が合わなくて自分だけ違う道を進み、そして成功した場合、この言葉をかけてあげてください。

他人と合わせることができなかったというような後悔や罪悪感は必要ありません。ほかの人と合わせるのが苦手な人も多いですからね。

14.生きてるだけでまるもうけ

どんなシチュエーションでも自分を褒めたい場合には、「生きてるだけでまるもうけ」と声をかけてあげましょう。

仕事に失敗をしても、ほかの人間関係でうまくいかない時でも、この言葉をかけるとちょっと心の中が軽くなるはずです。また、生きてるだけでいいんだとホッとします。

今日一日生きること。昨日まで生きてきたこと。これはすべての幸運の賜物です。生きている意味のない人なんか誰もいません。

人生には自分の思い通りにならないこと、悲しいこと、辛いこともあるかもしれません。でも生きているだけですばらしいのです。

未来に明るい見通しが見えない時には、今自分が生きていると言う事実をすばらしいことだと受け止めましょう。

15.今日もかわいい(かっこいい)ね

自分の容姿に自信が持ていな方は、その気持ちに反して容姿を褒めることで、自信を持つことができます。

誰も褒めてくれないのなら、開き直って自分で褒めてください。メイクがうまくいったとき、髪形決まったとき、おしゃれなコーデにできたとき、「今日も私はかわいい(かっこいい)」と褒めてみてください。

テンションがいつもの3倍あがります。自信を持てるようになるし、自信がすでにある場合にはさらにそれを高めることが可能です。

16.あなたはいつも魅力的、個性があふれている。

自分と他人を比較してしまう人におすすめです。誰しもオンリーワンで、個性はそれぞれ違います。

他人に劣る部分はあっても、自分にも他人にはない魅力的な個性というものが備わっているはずです。そこに注目して、自分を褒めてみてください。

普段、仕事に行く前に鏡を見て身だしなみを整えるときなど、この言葉を使って自分を褒めるといいでしょう。

17.私って優しい

人にちょっとでも優しいことをした場合には、「私って優しい」と褒めてあげましょう。自分を肯定できるし、もっと優しくなれます。

また、ちょっと嫌なことがあったときや相手に対してモヤモヤしたときに使うこともおすすめいになります。

心に何かひっかかっても許してあげなきゃいけない場面が大人になるとたくさんあります。そうしたとき、心の中で「私って優しい」と自分を褒めてあげると心を穏やかに保てます。

18.ナイスアシスト!

仕事などで誰かのお手伝いをしたとき、人知れずこっそり誰かの役に立てたとき、さりげないがゆえに感謝されないこともあるでしょう。

そんなときは、「ナイスアシスト!」と自分を褒めてみてください。誰かの役に立っていることは間違いないので、その行動は褒められるべきものですからね。

19.悩むことはすばらしいこと。あなたは今日も自分を見失っていない。

自分が何かに落ち込んだり、悩んだりしているときに自分を褒める言葉としておすすめ。

悩んで停滞しているということは、くさいものには蓋をせず、きちんとその問題点と向き合っている証拠です。

問題と向き合うことは、自我をしっかりもっている証拠。自分を褒めてあげましょう。

20.時にはだらけてもいい。力を抜くことを知っているあなたは賢い人。

ショックなことや嫌なことがあると、人間は無気力になりがちです。でもそれは、ストレスコーピングの一種です。

あえて無気力になってだらけて心と体を停止させることは、心身を休ませることにつながります。

その自然な反応に気づいて甘んじることができている自分は賢いと褒めてあげましょう。

21.失敗を受け入れるあなたはえらい。逃げない人。

物事に失敗して死にたいほど苦しかったり恥ずかしかったりする時に自分を褒めてください。

死にたくなるほどつらいということは、その重要性をわかっているという証拠です。ならばこの先自分はどうなるのか、どうするべきかが見えているはず。

それを予想できている自分を褒め、現実と向き合いましょう。そうすれば、現状を打破でき、成功へとたどり着けるはずです。

22.今日もしっかり食事ができたね

食事を取るということは、生きる上で何より大切なことです。しっかりでなくてもいい、口からご飯が食べられる、それだけでいいのです。

経済的にもご飯が食べられない人はたくさんいます。食事が取れることを当たり前と思わずに、教訓の意も込めて、今日も食事ができた自分を褒めてあげましょう。

それだけ自分は頑張っているという証拠ですし、恵まれているという証でもありますから。

23.笑顔で笑えたね

何も楽しいことがない場合、ネガティブになっている場合には、鏡に向かって笑ってみてください。

そして上手に笑えたら、この言葉で自分を褒めてみましょう。意識してでも笑顔を作ることができるのはすばらしいことです。

それがきっかけで何か前進するかもしれませんし、心は確実に穏やかになるはずです。

24.ぐっすり眠れたね

毎日眠くて休日はとにかく寝て過ごしてしまうのはダメなことと思われがちですが、捉え方を変えれば、とてもいいことだとも考えれます。

睡眠をとるには、精神的にも肉体的にも非常に大切なこと。眠れる方は心身ともに健康な証拠です。だったら、その健康さについて自分を褒めることも十分にできます。

もし、不眠に悩んでおられる方も、少しでも眠れれば、「これだけしか寝ていない…」と考えるのではなく、眠れた時間をそのまま素直に認めて褒めるようにしてみてください。

25.うまく会話できたね

言葉でコミュニケーションをとれるのは人間だけです。ほかの動物にはなしえないこと。そう考えれば、それ自体が素晴らしいことではないでしょうか。

少しでもいい、誰かと会話ができれば、自分を褒めてあげましょう。もしかしたら嫌な会話かもしれない。話したくなかったかもしれない。そういうときでも、話をすることができる自分のスキルに注目して称賛してみてください。

26.私は考えることができる人だね!

楽しいことを考えて妄想にふけったり、逆に、嫌なことばかり考えてうんざりしたりすることもあるでしょう。楽しいことを考えれば、明るい気持ちにもなります。

このように、何かを考えることって、よくよく考えればすごい能力ではないでしょうか。自分の経験を活かし、それをもとに想像力を働かせているのです。

その考えること自体すばらしいことなので、そのことを褒めてみてもいいでしょう。当たり前のことですが、そのような普段は気づかない当たり前のことこそ、自分を褒めるべきものになります。

27.朝早く起きることができたね

早起きは難しいものです。得意な方より苦手だという人の方が多いはずです。

なので、早起きできれば素直に褒めてあげましょう。普段から進んで早起きしている人も、苦手だけれども仕事のために早起きしている人も、このように褒めてみてください。

その一日を気分よくスタートさせるとができますよ。

28.化粧ノリが素晴らしい

化粧はとても大切です。特に女性にとっては必須のものですよね。しかし、メイクテクニックは難しく、肌の調子を良く保つことも難しいものです。

だからこそ、化粧ノリが良い日には自分を褒めるようにしましょう。まじまじと鏡を見て、喜んでみてください。自分に自信がつくはずです。

29.ダイエットを実行していてすごい

ダイエットしている時、その成果についてとても気になりますよね。必死で頑張っているのに、なかなか成果が出ないこともあります。

でも、ダイエットを実行できること自体がすごいことです。ダイエットをあきらめる人や、続けられない人も多いものです。

成果は出なくても、ダイエットを実行できていることを褒めてみてください。称賛に値するべきものです。そうして褒めることで、モチベーションは高まり、いずれ続ければ結果は出てくるでしょう。

30.手料理を作れてすごい

主婦の方は、毎日手料理を作る方も多いでしょう。それは当たり前の習慣のようになっていますが、よくよく考えればとても大変ですごいものです。

家族は慣れてしまい褒めてくれることもないでしょうが、実に称賛されるべきことのはず。だからこそ、「手料理を作れてすごい」と自分で褒めてあげることができます。

毎日料理を作っている方は、ぜひやってみてください。

31.上手に息ができてるね

褒めてほしいけど、特別褒められるようなことを何もしてない。そんな時に使えるワードです。

一見すごく適当に聞こえるのですが、「生きてるだけでえらいんだよ、すごいことだよ」と自分に伝えることができます。

その結果、明日も頑張ろうという気持ちになれるはずです。

32.今日も健康だね

人の体というものは結構もろいもので、ちょっとでも不摂生をすると、体調を崩したり病気になったりしてしまいます。

もしも、普段から体調を崩すことなく、健康的に生活できているのであれば、そのことについて自分を褒めてみてださい。

意識しなければ通常運転で生活しているように思えますが、健康を維持できるのは本当に素晴らしいことです。

健康を維持できている方は、1ヶ月に一回は褒めるようにするといいですよ。

まとめ

以上、頑張った自分へ送りたい褒め言葉のおすすめになります。

単純に、「頑張ったね!」「やったね!」なんてスタンダードな褒め言葉でもいいですし、「化粧ノリが良い」「料理ができた」など、具体的なことでも構いません。

さらに、考えることができる、健康でいる、生きているなど、ごく当たり前のことでも素晴らしいことなので、それに対して褒めるようにするのもいいでしょう。

ぜひ、自分のシチュエーションに合わせてぴったりの褒め言葉を自分に言ってみてあげてください。素直に自分を褒めることができれば、心が満たされ、ポジティブになれますよ。