10代や学生はガキじゃなくて大人!やられると超むかつく子ども扱い5選

10代や学生はガキじゃなくて大人!やられると超むかつく子ども扱い5選

中学生や高校生を子ども扱いする人がいます。しかし、その頃にはもう自分の考えもついており、見た目は子どもかもしれませんが、考え方は大人とほとんど同じでしょう。

それなのに、子ども扱いされると超むかつきます!!こっちはもうガキじゃねんだよ!!みたいな気持ちになるでしょう。大人と10代の子どもに対立が生じるのも、そのような理解がないからだと思います。

実際に、小学生4,5年生くらいからでも、子ども扱いせずに普通に話せばわかる人は多いです。実際に私はそのくらいのことに子ども扱いされて、かなり憤りを感じました。

まあ、とにかく中学生になってからは子ども扱いするべきではなく、自分と同じ1人の人として見るべきです。そこで、今回はやられると超むかつく子ども扱いの対応を紹介します。これをやってしまう大人は要注意です。それではどうぞ。

やられると超むかつく子ども扱い5選

1.「ボク」と呼ばれる

子ども扱いの代表的な例としては「ボク」と呼ばれることです。中学生にもなればさすがにそう呼ばれることはすくなくなりますが、たまにある状況で呼ばれます。

よくあるのが、工事による道路整備の時でしょう。そこで働いている人に「ボクちょっと待ってね~」などと言われます。私自身、高校生の時に言われた経験があります。

まあ素直に従いますが、内心としては「ボクじゃねえよ!ガキじゃねえよ!普通に話せよ!」みたいな気持ちになりました。ボクと呼ばれるのは確実にむかつきます。

2.ゆっくりした絵本を読むような口調で話される

子どもはまだ理解力が未熟なので、普通のスピードで話されてもその内容についていくことができません。そのため、ゆっくり話す必要があります。絵本を読むときなんかはゆっくり話すと思います。

そして、たまにそんなゆっくり話す感じで中学生に話しかけてくる人がいるのです。近所のおばさんとか、年上のいとことかです。

これかなりむかつきます。「さっさと話せよ!おせえよ!絵本じゃねんだよ!ガキじゃねんだよ!」という感じになります。話す相手が小学生だとしても、まずは普通に話すようにしましょう。

3.にこにこ笑顔で話される

子どもは恐怖心を抱きやすいです。そのため、にこにこ笑顔で話しかけるとよくなついてくれます。そして、そのような対応を普通の学生がやられたらかなりむかつきます。

「何にこにこしてんだよ!なんも面白くねえよ!俺はガキじゃねえ!」と叫びたくなります。上記のボク呼ばわりや、ゆっくり話すことなどを付け加えられたらぶん殴ってしまうかもしれません。

笑顔は時に嫌気を与えることもあります。小学生などは子どもに見えますが、普通に話すことができます。にこにこ笑顔は幼稚園児だけにするようにしましょう。

4.「まだ子どもでしょ」と言われる

親から見れば、自分の子どもはいつまで経っても精神的に子どもであるように見えます。そして、何かをやろうとすれば「まだ子どもでしょ!」なんて言われることが多いです。

例えば、財布が欲しい、髪を決めるためのワックスが欲しい、服を買いたい、アクセサーじゃ香水が欲しいなどという時は、子ども扱いされてダメだと言われます。

しかし、年ごろになればそういうものには興味が出てくるものです。そんなときに子ども扱いされたら、「ふざけんなよ!じゃあいつ買えばいいんだよ!そもそも子どもと大人の境目なんかあるのかよ!子どもが買っちゃいけないとかねえだろ!ガキじゃねえんだよ!」と家出したくなります。

親は自分の子どもの年齢や考え方をしっかりと理解した上で、1人の人として見るようにしましょう。もし、子ども扱いすればさらなる反抗期に突入することになります。

5.「もう子どもじゃないんだから」と言われる

さらに、親からは「もう子どもじゃないんだから!」と言われることもあります。掃除しろとか、部屋を片付けろと言われるときに、そんなことを言葉を浴びせられます。

これは一見大人扱いしているようですが、実際はまだまだ子どもであると見下している意味が込められています。そして、それに対しては確実に憤りを感じます。

「子どもじゃねえからとか当たり前だろ!ざけんな!」と家を破壊したくなります。親は子どもに対して、 そんな言葉は使わず、普通にやってほしいことをそのまま「部屋片づけてよ」などと伝えればいいでしょう。

まとめ

小学生や中学生に子ども扱いをする人は、自分がそのくらいの頃にどのようであったかを思い出してみるといいでしょう。大体の人が普通に考えを持っていて行動していたと思います。

そのときに子ども扱いされたら確実にむかつきます。当時に自分が子ども扱いされたとしたらどう思うかを考えてみてください。

小学生でも普通に物事はわかります。まだ子どもだからと言って子ども扱いするべきだとは限りません。普通に対応して、それが通じなかったらわかりやすく子ども相手にするような対応をするといいでしょう。