潰れる前に処置を!手のひらや足の裏にマメができた時の対処法3選

マメは運動やスポーツをしているとできやすいもので、体操選手や野球選手は手のマメに悩まされることが多いと思います。

また、スポーツ以外の日常生活においても、靴のサイズが合わなかったりすることが原因だったり、長時間歩くことで足の裏にマメができることもあります。

マメは皮膚と皮下組織のずれによって起きるもので、皮がむけて潰れてしまった時はとても痛いものです。潰れる前に適切な処置をして早く治すようにするべきでしょう。

そこで、今回は手のひらや足の裏にマメができた時の対処法について紹介します。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

手のひらや足の裏にマメができた時の対処法3選

1.絶対に潰さないようにする

冒頭でも述べたように、マメが潰れるとその部分がかなり痛くなります。最近にも感染しやすくなるし、治りも遅くなります。

そのため、マメは皮をはがしたりすることは絶対にやめて、潰さないようにしましょう。よく、マメは潰した方が治りが早くなると言いますが、それは間違いです。

かなり痛い思いをすることになるし、足の裏のマメはその痛みで歩くときに支障が出る場合もあります。スポーツをやっている方は、いつも通りに運動できないということもあるでしょう。絶対に潰さないようにしましょう。

以下の記事ではマメが潰れないようにするための対策について紹介していますので、参考にしてください。

2.患部を清潔にする

そして、マメができた場合は、知らない間に破けていたなんてこともあるので、そこから細菌が侵入してしまう可能性があります。そのため、まずは患部を清潔にするようにしましょう。

流水で洗い流すようにすることがおすすめです。消毒液を付ければさらにいいでしょう。そして、しっかりと水分を拭き取って、マメができたところを清潔にしておきます。

3.ガーゼや絆創膏で保護する

マメができた場合には、自然と治るのを待つしかありません。そのため、患部を消毒した後はそのまま治るまで放っておくようにしますが、その過程で破れたり悪化しないようにすることが早い回復のポイントとなります。

そのため、ガーゼや絆創膏でマメの部分を保護するようにしましょう。テーピングなどでさらに固定するのも効果的です。特にスポーツ選手などはマメに負担がかかりやすいので、しっかりと保護するようにしましょう。

小さいマメならば絆創膏、大きいマメならばガーゼで保護するといいでしょう。なお、絆創膏は「キズパワーパッド」などの、パッドによる保護性の高いものを使用するといいでしょう。

まとめ

マメができた時は、絶対に潰さないようにしましょう。時間が経てば自然と治るので、それまでに刺激を与えて悪化させないように、しっかりと患部を保護することが効果的です。

なお、以下の記事ではマメが潰れたときの対処法、足の裏のマメの予防対策について紹介しています。合わせて読んでみてください。