癖になっている人は要注意!爪を噛むことによる危険なデメリットや悪影響4選

イライラしているときについ爪を噛んでしまう癖はありませんか?この爪を噛む癖はストレスや不安などによるものです。

まあ、それで気持ちが落ち着けばいいのですが、実は爪を噛むことにはいろいろと危険なデメリットや悪影響が潜んでいるんですよ。

そこで、この記事では爪を噛むことによるデメリットや悪影響を紹介します。爪を噛む癖があるという方は要注意となります。それではどうぞ!

爪を噛むことによる危険なデメリットや悪影響4選

1.爪の細菌が体に入ってしまう

爪を噛むことによるデメリットや悪影響で特に注意してほしいのは、健康へのリスクです。爪にはいろんな汚れが付着しており、手洗いをしっかりしてもなかなか落ちにくいものです。

汚れが付着しているということは、それだけ病原菌もうじゃうじゃいます。それを噛んでしまうとどうなるでしょう。その細菌が体に侵入してしまうのです。結果、風邪をひいたり、下痢になったりする可能性が高まってしまいます。また、噛みちぎった爪そのものが胃や腸に悪影響を与えることもあります。

爪のにおいを嗅ぐと臭いことが多いですが、それだけ汚れている証拠なんです。それを噛むということは、自分を傷つけていることと同じなんですよ。

2.爪の噛みすぎで出血すれば、化膿や細菌感染のリスクがある

爪を噛む癖の激しい人は、もう噛む爪がないほどボロボロになりながらも、それでもなお爪を噛み続けようとする人もいます。

その結果、爪の部分の皮膚を噛むことになり、出血するなんてこともあります。そうなると、化膿や細菌感染の危険性が出てくるのです。爪の皮膚は薄くて弱いので、傷つきやすく、細菌も侵入してきやすいです。

さらに、爪を噛む癖が激しい人は、出血しながらも噛み続け、さらに傷つき、余計にそのリスクを増大させてしまうという悪循環に陥ってしまいます。これは、自分で自分の指を壊しているのと同じです。

3.爪や歯がボロボロになってしまう

もちろん、表面的なデメリットについても注意しなければなりません。それは、爪や歯がボロボロになってしまうというものです。

爪を噛み続ければボロボロになるのは当然です。ボロボロにし続けた結果、巻き爪などのおかしな形に変形してしまいます。女性であればネイルを楽しめなくなるでしょう。

また、爪を噛む歯も同様にダメージを受けます。爪を噛み続けていると、歯が欠けてしまったり、すり減ったり、かみ合わせが悪くなったり、知覚過敏になったりと、いろんな悪影響が生じるようになります。

4.周囲の人にマイナスな印象を与えてしまう

爪を噛むということはとても些細なことですが、周囲の人とのコミュニケーションにも悪影響を与えるものになります。

おそらく、爪を噛む人を見て好印象を抱く方はいないでしょう。むしろ、悪い印象を抱く方が多いはずです。「子どもっぽい」「なんか汚らしい」という印象を与えてしまいます。

また、握手の際に、爪噛みによるボロボロの爪が目に入れば、それも悪い印象を与えてしまうものです。このように、爪を噛む癖は、自分の健康だけではなく、周囲との関わりにも悪影響を与えてしまうものなのです。

まとめ

以上、爪を噛むことによる悪影響やデメリットになります。まず最初に注意してほしいのは、自身の健康への被害です。

爪の汚れが口に入ることによる病気のリスクや、爪の皮膚を傷つけることによるリスクがあります。そして、歯や爪の形がボロボロになります。

また、周囲の人との関わりにも影響を与えるもので、爪を噛むことによる悪影響は自分の体だけでは収まりきらないものになってしまうのです。

もし、爪を噛む癖がある方は、このような危険性を理解した上ですぐにやめるべきです。以下の記事で、爪を噛む癖をやめる方法を紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

不安やストレスが原因!爪を噛む癖を治して克服するための対策方法4選