転職の面接でマイナスな退職理由はNG!ポジティブな動機を転職理由にしよう

転職の面接でマイナスな退職理由はNG!ポジティブな動機を転職理由にしよう

突然ですが、もしもあなたが、人間関係の悪化などのマイナスな理由で転職を考えているのであれば、面接試験では退職理由をどのように答えるつもりでしょうか?

  • 人間関係で悩んでいたので退職しました。
  • サービス残業がつらかったので、転職を決意しました。
  • 上司からひどいセクハラを受けていたので。

このように、そのままマイナスな退職理由を言おうと考えている方もいると思いますが、それはNGです!面接は落ち、転職に成功することは難しくなってしまいます。

それでは、どうすればいいのか。それは、スキルの活用やキャリアアップなどのポジティブな動機を退職理由にするべきです。

そこで、この記事では、なぜマイナスな退職理由が面接で不利になってしまうのか、そして面接を合格するために退職理由をどのようにすればいいか、順を追って紹介していきます。

マイナスな退職理由での転職は確かに多いが、、、

まず理解してほしいことは、転職理由についてはマイナスなことがあっても問題はないということです。むしろ、マイナスな理由で退職・転職を決めることはかなり一般的です。

下記のグラフを見ればわかるように、実際に多くの転職者が職場に不満があるがゆえに転職を決意しています。

転職理由ランキング

そもそも、今の会社に満足があるのならば、ずっとその会社に在職し続けますからね。転職者の多くの方が、何かしらのマイナス面を思って退職するのは事実であり、「自分だけかも…」という負い目を感じる必要はありません。

しかし、冒頭でも紹介したように、そのようなネガティブな退職理由をそのまま面接でアピールしてしまえば、合格する可能性は限りなく低くなってしまいます。

企業は貢献してくれる人材を求めている

では、なぜマイナスな退職理由だと、企業は採用してくれないのか。それは、企業にとってメリットがないからです。会社はビジネスをしているのであり、コストをかけて人材を募集する以上、会社の発展に貢献できる人材を求めます。

あなたが、採用者を決める人事の立場になって考えてみてください。「不満があったから退職した」という方と、「この会社で働きたいから転職を決めた」という方であれば、どちらを採用したいのか。それぞれのスキルや経歴が全く同じであれば、後者の方を採用したいに決まっていますよね。

それに人事にとって、転職希望者の多くがネガティブな理由で転職を決めているということは、わかりきっていることです。それをありのままに説明されても、どうしようもないでしょう。

  • 前の職場ではいじめを受けていたんで…
  • サービス残業がつらくて過労死寸前だったんですよ…
  • セクハラがひどくてうつ病になりそうだったんで…

などとアピールしても、無意味です。

「それはかわいそうですね…。辞めて正解でしたね。でも、我が社には必要ありませんね。」というように、人として同情はしてくれるものの、ビジネスの人材としては切り捨てられてしまいます。そんなマイナスアピールしかできない人が、企業に貢献できる可能性など低いですからね。

マイナスなことばかりを転職理由としてアピールしてしまえば、「うちの会社をただの逃げ道としてしか思っていない。それなら別の会社でもいいじゃん。」と思われるだけです。それに、ネガティブ思考満載なので、「単に根性がないだけじゃ…?うちの会社でも同じ悩みで辞める可能性もあるな…。」という風にも思われてしまいます。

企業は職に困る人のための保護施設ではありません。ビジネスを展開する組織であり、利益を生むことのできる人材を欲しています。さらに、転職というものは、単なる逃げ道では終わるものではなく、自分を成長させるプロセスでなければいけません。そう考えれば、マイナスな退職理由が、転職の面接でいかに無意味であるかが理解できるはずです。

仕事や企業への貢献意欲など、ポジティブな動機を退職理由として語ろう

では、どうすれば、転職の面接で好印象を持ってもらい採用してもらえるか。上述したように、企業は自社にメリットのある人材を求めています。そうであるならば、仕事や企業への貢献意欲など、ポジティブな動機を退職理由として語るようにするべきです。

「キャリアアップしたいから」「スキルの幅を広げてみたいから」という仕事に対する前向きな理由と同時に、「御社に貢献できるように全力で働きたいです」という企業へのメリットもアピールすればOKになります。

どれだけ仕事に意欲的であり、そしてなぜその会社を選んだのか、そこをうまくアピールすることができれば、「この人はうちの会社でしっかり働いてくれるはずだ!」と好意的に受け入れてくれるはずです。もちろん、「人間関係の悩みで…」などのマイナスな理由を説明する必要はありません。すべてポジティブにアピールしましょう。

どんな風にポジティブに言えばいいかわからないという方も多いと思いますが、そこは、「なぜ自分はその仕事と会社を転職先にしたいのか?」ということを深く考えてみてください。前の職場から逃げたいという思いが一番でしょうが、転職先に何かしら自分のためになることもも求めているはずです。

たとえば、「働きやすそうだから」という理由で選んだのであれば、「やりがいを持って仕事をすることができる」というようにポジティブに言い換えるようにしてください。

先ほども述べましたように、転職者のほとんどがネガティブな理由で転職を決めています。それにも関わらず転職に成功しているのは、そのようなネガティブな理由は隠し、ポジティブな面を強調しているからです。

あなたと同じような悩みを抱えていても、転職に成功している方はたくさんいます。うまくポジティブな動機を退職理由にし、転職先で働く意欲をしっかりとアピールできれば、採用してくれるはずです。

転職成功には、転職エージェントを活用することがおすすめ

しかし、なかなかポジティブな退職理由を思い浮かべることができないという方も多いはずです。面接でも、どう受け答えすればいいか悩むことも多く、不安になりますよね。

そこで、転職成功のために、転職エージェントを活用することがおすすめになります。転職エージェントとは、無料でキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれる支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主に、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にぴったりの転職先を提案してくれます。企業の社風や雰囲気も教えてくれるので、しっかりと相談することで、同じような悩みを抱えることのない転職先を紹介してくれます。そして、それと同時に書類・面接対策もしてくるところが一番の魅力的なポイントですね。

うまく退職理由が思いつかない方でも、どのような退職理由にして、面接ではどのように受け答えすればいいのか、対策をアドバイスしてくれますので、面接について不安を抱えることもなくなるでしょう。

転職先を決められない方で、さらに退職理由について面接で不安になるという方は、ぜひ利用することがおすすめです。転職成功率がグッと高まるはずです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<