転職で年収アップを実現する方法やコツ!上手な給与交渉がポイントだが…

転職を考えているのであれば、「どうせならば給料も上がってほしいな…」と期待して、年収アップを望む方も多いでしょう。実際に、転職をして年収アップをしたという話もよく聞くものです。

特に、キャリアアップを目的とした際の転職では、年収も同時にアップしたほうが、自分のキャリアの成長によりつながりやすいですよね。

しかし、単に転職をすれば年収が上がるというわけでもないので、うまくコツをつかんで転職をするということが必要になります。

そこで、この記事では、転職で年収をアップさせる方法やコツを紹介します。転職を考えていて、年収アップも期待したいという方は、ぜひ一読してみてください。それではどうぞ!

転職で年収アップを実現する方法やコツ

転職で年収アップを実現する方法は、主に以下の2つが考えられます。

1.今より年収の高い会社を候補に入れる

まず1つ目は、今より高い年収ベースの会社を転職先の候補に入れるということです。今の会社よりも高い年収をもらえるのであれば、そこに入社するだけで年収アップは実現できます。

求人票では「月給20万~50万」「年収300万~600万」というように、範囲を定めて書いてあるところも多いです。その場合には、その最低年収が今の会社よりも上であれば、年収アップが期待できることになります。

また、中には「33歳・男性・係長/年収600万」なんて具体的な例を記載してるところもあるので、自分の年齢・スキル・経歴などと見比べて、おおよその数字を予想してみるということもおすすめです。

特に、同業種・同職種であれば、スキル・経験が評価されて、中途採用も受かりやすいです。同業種・同職種であっても、会社によって年収ベースは異なりますので、できるだけ高いところに転職をすれば年収アップが期待できます。

2.希望額を伝えて給与交渉を持ちかける

2つ目は給与交渉ですね。転職での年収アップの実現方法では、この給与交渉・年収交渉の方を思い浮かべるという方も多いでしょう。

もちろん、単に「年収を前職よりも高くしてください!」「希望は500万です!」などと単刀直入に申し出ても通じるはずがありません。

ポイントは面接で具体的にプレゼンして交渉するということです。

  • スキル・実績・役職
  • その業界での年収相場
  • 前職での年収
  • 前職との業務内容や福利厚生との比較

というような、具体的な根拠を引き出し、実際の希望額を具体的に提示することが大切になります。

例えば、「私は営業で社内TOP5に入る成果を上げており、基本給とインセンティブを合わせ、年収は○○○万でした。そのまま勤務し続けていれば、今年はベースアップされることが約束されています。ベースアップ後の年収は△△△万になる見込みなので、御社での勤務でもそれに近い金額を希望します。」という感じですね。

このように、スキルや実績をしっかりアピールし、それに伴った具体的な金額や将来の予測を持ちだすことで、採用担当者も「それならば…」と納得してくれることが多いです。

給与交渉では、根拠や数値が明確なロジカルなプレゼンが重要です。きちんとデータを集め、交渉する際の持ち球を確保できれば、あとはそれをアピールすればうまく交渉することができるでしょう。

しかし、実際の年収アップは困難を極めることも…

以上の2つが、年収アップのコツだとお分かりいただけたでしょうか。しかし、実はこれらはかなり単純なように思えて難しいです。そこで、この2つのコツのそれぞれの困難さや問題点を説明していきます。

年収が高い会社は受かりにくかったり、激務だったりすることも

まず、今よりも年収ベースが高い会社に転職をするということは、確実に年収がアップする転職方法となります。しかし、これは内定をもらえたらの話です。

同業種・同職種で今の会社よりも年収が高い場合は、お得な転職先を見つけたかのように思えますが、そうでもありません。業務内容が同じであっても、年収が高いだけより高度なスキルが求められることもあります。スキルや実績が足りないということで、不採用になる可能性が高くなるのです。

念のため説明しておきますが、異業種または異職種なんてなおさらです。未経験であるにもかかわらず、現在の年収よりも高い賃金を期待するなんて、確実に無理があるものです。

このように、年収が高い会社は、何かしらそのハードルが高いということを意味しています。それだけ内定をもらえなかったり、入社できても今より忙しいなんてこともあるということを覚悟しておきましょう。

給与交渉は非常に難しい

そして、給与交渉にも問題があります。上述したように、きちんとデータをそろえ、具体的な根拠を述べて交渉できれば、それだけ交渉が通りやすいです。でも、これってかなり難しいですよね…。

年収相場・前職との比較・将来予測・自分のスキルの客観的評価など、分析・リサーチすることは多岐にわたります。時間や労力が必要ですし、その分析力も必要です。また、その分析で得られたデータを具体的な数値として算出するというのも、並大抵のものではありません。さらに、それを納得されやすいようにうまくプレゼンしなければいけない…。

もっと言ってしまうと、年収を上げてもいいと思えてもらえるようなスキルや実績を保有していなければならず、その会社の即戦力として歓迎されるような人材でなければ、交渉には応じてもらえないでしょう。

こんなこと、普通のサラリーマンには到底不可能ですよね。バリバリのエリートビジネスマンでなければできないはずです。営業やコンサルで優秀な成果を上げている方や、重要なポジションに就いたことのある方でないと、交渉に応じてもらえる可能性は低くなるでしょう。

並大抵のサラリーマンが偉そうに給与交渉なんてすると、「自分の能力を本当にわかっているのか?」というように、逆に低評価されて落ちる要因になることもありますからね。「家族がいるんです」なんて情に訴えても、会社はビジネスの行う組織なので無意味です。

この給与交渉は、よほど実績のない人でない限りは難しいと思っていいでしょう。

年収アップの可能性を高めるには、転職エージェントを活用する

さて、ここまで読むと、「やっぱり、転職で年収アップなんか無理なんだろうな…」と落胆してしまいますよね。でも、あきらめないでください。あと1つだけ方法があります。

それは転職エージェントを活用することです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが転職活動を無料でサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件のヒアリングを行うことで、それにマッチする転職先をいくつか紹介してくれます。

「私の経歴・スキルで、年収は今よりも高いところがいいので、○○○万が見込める会社にしたいです。」と相談すれば、それにぴったりの企業をピックアップしてくれます。「残業時間も少ない方がいい」と相談すれば、年収が高い代わりに激務であるという会社を選ぶ心配もなくなります。

また、書類・面接対策も行ってくれますので、年収が上がることで採用のハードルが高い企業でも、内定をもらえる可能性がグッと上がります。

そして、一番魅力的なところは給与交渉を行ってくれるという部分です。キャリアアドバイザーがあなたの代わりに、企業の担当者と交渉を行ってくれます。それほど誇れるスキル・実績がなくても、うまくアピールして交渉してくれますので、年収アップの可能性が見込めるんです。もちろん、それなりの優秀なスキル・実績があれば、さらなるアップが見込めるでしょう。

転職で年収アップも期待したいという方は、ぜひ転職エージェントを使ってみるといいでしょう。給与交渉を代わりに行ってくれるというところが一番の魅力なので、「給与交渉ができそうにない…」「プレゼン力がない…」という方でも、楽に年収アップの転職ができますよ。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA