転職は在職中と退社して仕事を辞めてからのどっちがいい?できれば在職中がおすすめ

転職は在職中と退社して仕事を辞めてからのどっちがいい?できれば在職中がおすすめ

転職を考える際には、いつのタイミングで転職活動を行うか、まずはそのことについて迷ってしまいますよね。在職中か、それとも退社して仕事を辞めてからか、この2択になるはずです。

在職中であれば今の会社の仕事と両立しなければいけない問題が生じますが、退社して辞めてからという場合でも、無職になってしまうという問題になります。

どちらも決めがたいものになりますが、結論から行ってしまうと、退社して仕事を辞めてから転職活動を行うよりも、在職中に転職を決めてしまったほうがおすすめです。

そこで、この記事では、在職中と退社して仕事を辞めてから転職を始めるのはどちらがいいか、そしてなぜ在職中にするべきか、成功のアドバイスも兼ねて紹介します。どっちのタイミングで転職活動をするべきか悩むという方は、ぜひ一読してみてください。それではどうぞ!

退社して仕事を辞めてからの転職は、リスクが大きいのでおすすめできない

繰り返しになりますが、転職活動は在職中に行うことがおすすめです。その理由としてはいろいろありますが、退社して仕事を辞めてからの転職がおすすめできないからという理由がまずは挙げられます。

そこでまずは、退社して仕事を辞めてから転職活動をすることについて見ていきましょう。メリットはあるものの、リスクがかなり大きいのでおすすめできません。

仕事がないので、ありったけの時間を転職に使えるが…

冒頭でも説明したように、在職中の転職活動は仕事の両立で苦しみやすくなりますが、会社を退社して辞めてから転職をするのであれば、その心配は全くありません。

仕事がないので、朝から晩まですべてが自分の自由な時間として使うことができます。つまり、1日のありったけの時間を転職活動に使うことができるようになります。

求人はできるだけじっくりと吟味ができますし、書類も熟考しながら作成できるでしょう。そして、何よりも、日程の調整の融通が利くということで、早い期間にたくさんの会社を受けることが魅力的です。

ただ、無職状態であることのリスクはかなり大きい

しかし、会社を辞めて退社後に転職をするということは、悪く言ってしまえば、無職状態になってしまいます。職の支えがないというデメリット要素は結構大きなもので、もしも転職が失敗続きであればかなりのリスクを伴う可能性が高いです。

そのリスクは主に以下の2つになります。

ブランクのリスク

まず1つ目は、ブランクや空白期間のリスクになります。無職状態であるので、転職活動が長くなればなるほど、職歴にはまっさらな空白が生まれるようになってしまいます。

転職活動で生じたブランク期間は故意ではないので仕方のないものですが、もちろん転職を不利にさせる悪影響として作用するようになります。

面接で理由を聞かれた場合、「ずっと転職活動をしてました」と言っても、「これだけの期間やって内定をもらえないとなると、何かしら問題があるのでは?」と思われてあまり印象は良くなりません。

ブランク期間が空き、転職には不利になり、そしてさらに転職は不利になるなんて最悪なループに陥ることになってしまいます。

経済的なリスク

そして、無職状態での転職失敗によるリスクは職歴だけではありません。あなたの生活に直結する経済的な面でもリスクを受けることになります。

退社して仕事を辞めてから転職するとなれば、収入源がなくなってしまうので、転職先の初任給までには退職金や貯金でまかなわなければいけません。

しかし、一向に転職先が決まらないとなれば、どんどんお金が減っていくだけです。職歴だけではなく、財布までもがすっからかんになってしまいます。

そうなると、妥協した転職先にするか、短期バイトで食いつなぐしかなくなり、どちらにせよ不本意な結果になるはずです。

在職中の転職は仕事が忙しいが、リスクがほぼゼロ

このように、退社して仕事を辞めてから転職活動を進めることはリスクがかなり大きいです。対して、在職中であればそのリスクはほぼゼロとなります。

現職が盾となり、いくら失敗してもリスクを受けない

なぜならば、現職が以上で説明したようなリスクを防いでくれる役割をしてくれるからです。失敗してもブランク期間は空くことはありませんし、収入源があるので経済的にも困ることはありません。

いわば、現在の仕事は転職失敗のバリアや盾として機能してくれます。どんなに失敗続きでも、転職は成功には至りませんが、成功から遠ざかるような不利な状況には陥ることがありません。これはかなりの大きなメリットです。

仕事との両立が困難だが、問題はそれだけ

もちろん、在職中は仕事が忙しく、転職活動との両立が困難なデメリットになります。疎のデメリットゆえに敬遠されやすいものですが、単純に考えれば問題はそれだけです。

退社して仕事を辞めてからの転職活動では様々なリスクを受けることで、それなりにたくさんの、そして大きなデメリットを背負うことになります。時間がたっぷりある分、タイムリミットが限られていると言ってもいいでしょう。

しかし、在職中であれば、時間が限らている分、タイムリミットはありません。進むスピードは確かに遅いですが、隙間時間を見つけ、何とか工夫すれば仕事とも両立させることは可能です。

失敗のリスクがほぼ皆無であるということで、いくら失敗しても、やり直しが効きます。地道ながらもコツコツ進めることで、確実に成功に近づくようになります。

退社して仕事を辞めてからよりも在職中に転職を行うことがおすすめ

以上で説明した点を考えれば、仕事を辞めてからの退社後に転職を進めることはリスクが大きく、なるべくそのようなリスクはない在職中に転職をするべきということがわかると思います。

転職は困難も多いので、リスク回避を優先するべき

中には、「確かに退社して仕事を辞めてから転職をすることはリスクがあるけれど、それだけ時間もたっぷりあるからすぐに成功できて平気なんじゃない?」と考える方もいるでしょう。

しかし、それは安直な楽観視にしかすぎません。なぜならば、転職は困難が多く、失敗続きになることも珍しくはないからです。

仕事を変えるということは人生にも影響を与えるため、できるだけリスクを回避することを優先して考えるべきです。ましてや、失敗が珍しくないのであればなおさらです。

そう考えれば、リスクを受ける可能性が多い仕事を辞めてからの転職よりも、在職中に転職をした方が有利であるということは明らかです。

在職中での転職経験者が圧倒的

実際に、在職中での転職活動はリスク回避というメリットが大きいからこそ、多くの転職経験者が在職中に転職を決めています。「先人に倣え」ということで、転職経験者がどうしていたかも参考にするべきです。

下記の図を見てください。

転職成功者が転職活動をした時期

これは、転職成功者が転職が決まったタイミングの調査結果になりますが、およそ8割もの大多数の方が在職中に転職を決めることができています。

このように、転職経験者のデータからも、在職中に転職活動を進めることがおすすめであるということがわかるはずです。

可能な場合には在職中に転職活動を進めるべき

さて、ここまで読んで、退社して仕事を辞めてから転職を進めるよりも、在職中に転職を決めたほうがいいということをご理解いただけたでしょうか。

在職中は確かに仕事が忙しいことで苦しい場面もありますが、失敗のリスクがなく、いくらでも成功に向けて挽回することができるというメリットはかなりの恩恵があります。

それに、仕事がよほど激務でない限り、在職中でも転職は成功できます。上記で紹介した転職経験者のデータが何よりの証拠になります。

出社前や通勤中などの隙間時間を活用したり、休日はフルに転職活動に取り組むことで、在職中でもうまく仕事もこなしながら転職は進めることができるはずです。可能な場合は、ぜひとも在職中に転職活動を進めるべきです。

在職中の転職活動を成功するには、転職エージェントを利用するべき

では最後に、在職中に転職活動を成功させる方法を紹介します。在職中はリスク回避のメリットがあると言えども、やはり仕事との両立はハードになります。できるだけ時間と手間を省くことが必要です。

そこで、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、キャリアカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を紹介してくれます。また、応募先との面接日程調整に必要な連絡などは、転職エージェントがほとんど代行してくれます。

これらのサポートがあることで、膨大な数の求人を時間をかけてチェックする必要もありませんし、仕事で忙しい中、応募先と連絡をする手間も省けます。できる限り、時間をかけずに転職活動を進められます。

さらに、合格率を上げるサポートもばっちり行ってくれます。どんな自己PRや志望動機にすれば内定をもらいやすいか、書類・面接対策を指導してくれます。

このように、転職エージェントのサポートを受ければ、手間を最小限にして転職ができるので、仕事と無理なく両立させることができます。そして、合格率を上げる対策などもしてくれますので、転職成功率は間違いなくアップします。仕事が忙しくても、なるべく早く転職を決めることができますので、ぜひ相談してみることがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<