やっちゃだめ!会話で分かる頭が悪い人がついやりがちな8つの言動

やっちゃだめ!会話で分かる頭が悪い人がついやりがちな8つの言動

みなさん頭が悪い人と良い人の見分け方がわかりますか?そして、自分は頭が良いと思われたいですよね。そこで、今回は頭が悪い人が会話においてやりがちな言動を紹介します。

頭が悪い人が会話でやる8の言動

①簡単なところをわざと難しい言葉を使う

難しい言葉を使うと一見、「難しい言葉知ってるなんて頭いいんだね」みたいな感じになりますが、それは違います。難しい言葉だと言いたいことを相手に伝えることはできません。

頭が悪い人は、良く見られようと難しい言葉を使いがちで、逆に頭が悪いということをアピールしてしまっているようなものです。難しい専門用語やカタカナ語の使用は控えましょう。

話をするときはなるべく誰にでもわかりやすい言葉で話すべきです。頭が良い人はそうしてます。代表的な例は池上彰さんなどがそうですね。

なお、以下の記事で難しい言葉を多用する人の心理や特徴を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

②事実と推測を区別せず、断定して話す

頭が悪い人は自分で考えたことでも、世の中で正しいと思われていることでも、何においても「~だ」とか「~だろ」とか断定して会話しがちです。

これはやめた方がいいです。どこかで聞いたことなら「~らしいよ」とか、自分で考えたことなら「~だと思うよ」などと言いましょう。

無意味な断定は間違っていた場合に、相手からの信用を失い、結果的にバカと見られてしまいます。

③「つまり」や「要するに」を多用する

話の転換時に、何においても「つまり」や「要するに」という言葉を使う人がいます。これはやめましょう。バカに見られます。

「つまり」や「要するに」は今までの話をまとめるときに使う言葉です。理由を話すときなら「なぜなら」、話を変えるときには「別の話になるけど」とその時にあった言葉を用いましょう。

④話がうまくまとまっていない

これは頭が悪い人の典型的な特徴です。

理由を言うかと思ったら別の話になり、別の話になったと思ったらさっき話した話に戻っているなど、話があちこちに飛んでしまうことが特徴です。

話をするときは、きちんと説明や結論を整理して話すことを心がけましょう。

⑤言葉がすぐに浮かんでこない

話したいことがあるけど、「えーっと、あれだ」とか、「こういうことなんて言うんだっけ?」みたいに単語がすぐに浮かんでこない人は頭が悪い人です。

自分で話そうとしていることならすぐにそれに関連した言葉が出てくるはずです。

言葉が出てこないのは、自分の中で話がまとまっていないからです。きちんと自分の中で話したいことを決めてから話すようにしましょう。

⑥ところどころ幼稚な言葉がある

①で説明した、難しい言葉を使うのと同時に、言葉が思いつかなくて、幼稚な言葉も使ってしまうことが頭の悪い人の特徴です。

たとえば、「暗闇」という言葉が思いつかなくて、「真っ暗な」とか、「輝いている」という言葉をおもつかなくて「きらきら光っている」とか、難しい言葉の中に出てくると幼稚っぽく聞こえる言葉をよく言ってしまいます。

これは確実にださいです。すべて無難な言葉で話をしましょう。

⑦同じ言葉を繰り返しやすい

頭の悪い人は語彙力がなくて、同じ言葉を繰り返しやすいのも特徴です。

たとえば「すごい」をたくさん使ったり、「やばい」などと連呼したりすることです。

「とても」や「たくさん」、「かなり」などという同じ意味を表す違う言葉を使えば聞き取りやすくなります。また、同じ言葉を連呼するよりもなんでやばいのかを説明した方が相手に伝わりやすいです。

⑧使う言葉を間違えている

意味の違った言葉を使ってしまうことも特徴です。

たとえば「ちょっとの差」を「誤差」と言ってしまう人がたまにいます。「誤差」は一般的な数値と実測値の差のことを表し、科学の実験や統計で使われるものです。日常生活ではほぼ使いません。

そして、誤差というものはかなりわずかなものが多く、それによって「ちょっとした差=誤差」というように勘違いしてしまうのでしょう。ただの差と誤差は全く別物となります。おそらく理科や化学の実験で「誤差」という言葉を知って、誤って使ってしまうと考えられます。

ちゃんと言葉の意味を把握し、そして考えて話すようにすることが重要です。

まとめ

以上が頭が悪い人が会話でやりがちな言動のまとめです。

バカだと思われたくなければ、きちんろ筋の通った会話をすることが重要です。

そのためには、話の構成の仕方や、語彙力が重要で、日ごろからそのような文章や会話に触れることがいいでしょう。おすすめは本を読んだり、ニュースを見ることです。

伝わりやすい会話をすることは、自分にとっても相手にとってもメリットがありますので、ぜひ会話の仕方に対して、改めて考えてみてはどうでしょうか。

なお、以下では相手に伝わりやすくするための話し方を紹介します。ぜひ合わせて読んでみてください。