正社員で昇給なしの会社は辞めるべき!転職しないと損をするだけ

正社員で昇給なしの会社は辞めるべき!転職しないと損をするだけ

会社で仕事をすれば給料がもらえる。それはこの資本主義社会では当然のことです。そして、給料には働くからもらえるという側面だけではなく、働き続けるから増えるという側面もあります。つまりは昇給ですね。

しかし、今現在では過酷な労働を低賃金で強いるブラック企業が話題になっており、いくら働いても昇給せず、安い給料しかもらえないなんてひどい会社もあるものです。

そして、あなたも実際に、今の会社で昇給なしに悩んでいませんか?もしそうであれば、そんなクソ会社さっさと辞めるのが吉です。そんなとこで働き続けても、あなたは損をするだけになります。

そこで、この記事では、正社員で昇給なしの会社に勤めている方へ、転職のススメやアドバイスを紹介します。悩んでいる方はぜひ一読して、自分の会社のひどいありさまや、自分の将来の危険性について考え直してみてください。それではどうぞ!

正社員なのに昇給なしの会社は異常でしかない

給料は労働の対価として支払われ、本来は上がるべきもの

給料とは労働の対価として支払われるものです。社員は会社に雇ってもらう代わりに、その会社に貢献できるように一生懸命働きます。そして、会社は一生懸命働いてくれた対価として給料を渡します。本来の雇用関係はこのようなギブ&テイクで成り立つもので、Win-Winが理想の形になります。

そして、社員は働けば働くほど、スキルが向上し、大きな成果もあげやすくなります。その結果、会社の利益をさらに創出できるようになるでしょう。そうなると、その増えた分の成果には今までの給料の額は見合わなくなります。会社としても、より一層働いてもらえる分、それなりに還元しなければいけない立場です。そこで、その時に初めて昇給が実施されます。

つまり、給料は働き続けるほど、上がるというのが一般的です。もちろん、役に立たない無能社員には昇給の価値はありませんが、まじめに働き続ければ確実に会社への貢献度は高まるので、それだけ給料がアップするのは必然的なことになります。

昇給なしの会社は、あなたを機械や奴隷としてしか見ていません

しかし、いくら働き続けても、その給料が変わらないとなればどうでしょうか。これは明らかにおかしいことです。アルバイトやパート社員なら昇給なしでもわかりますが、正社員ですよ。むしろ、バイトでも昇給のある会社は存在しますからね。

そんな会社は異常です。いくら定時に帰れて残業がないとしても、昇給がないのはブラック企業です。割に合いません。ブラック企業であるないに関わらず、とにかく非常に非情な会社であることは間違いありません。

では、なぜ昇給をしないのか。それは社員のことを考えていないからでしょうね。昇給なしということは、人件費が一定になるということ。つまり、会社にとっては都合がいいわけです。

毎月同じ金額を払い続けるだけで、利益が発生する。それはもう、働く人を機械や奴隷としてしか見なしていないのでしょう。できるだけコストをカットしつつ利益を上げる。会社のことだけしか考えず、社員への還元を行いません。

「働いてくれてありがとう。だから給料上げるよ!」というのが本来の図式ですが、昇給なしの会社では、「毎月小遣い上げるんだからさっさと働け!ゴラァ!」のような完全に社員をこき使うような図式で成り立っているんでしょう。

そんな異常な会社は早く辞めるべき

あなたの会社が、このように昇給なしなのであれば、それはあなたの会社は異常だということです。「でも、仕事は特にきつくないし、、、」「上司や社長は優しいけどな、、、」なんて思う部分もあると思います。

上述したような機械や労働奴隷として扱われているなんて、感じないという方も多いでしょう。しかし、給料がアップしないというだけで、やはりそれはおかしいところなんです。あなたの友達で別の会社に働いている方がいれば、聞いてみてください。「昇給あり?当たり前じゃん」と言うはずです。

繰り返しになりますが、働き続ければそれだけ生産性や効率性も上がり、その分の給料をもらえるのが普通です。それがないという会社は本当におかしいです。その異常さを改めて考えてみてください。実際に、あなた自身が昇給なしということに不満を抱ているはずです。だったら、そんな会社は早く辞めて転職した方が身のためです。

成果がきちんと給料へ反映される会社へ転職しよう

昇給なしの会社で働き続けても損をするだけ

「でも転職は不安だな…。このまま昇給なしでも生活できるしなあ。」なんて考えてはいませんか?そんな妥協をしていれば、いつか痛い目を見ることになります。

昇給なしということは、どんなに長くたくさん働いても、給料はアップしないということです。つまり、あなたは確実に損をすることになります。

下記の図を見てください。

勤続年数別の平均給与

これは年齢・性別ごとの平均年収ですが、一般的には年齢が上がるほど給料は増える傾向にあります。さらに、下記の図を見てください。

年齢階層別の平均給与

こちらは、勤続年数別の平気年収ですが、働く年数が長くなるほど給料もアップすることが分かります。この結果からもわかるように、働き続けることで年収がアップするのは一般的なことなんです。

この結果と自分の会社、そして自分の将来の給料と比較してみてください。平均的には、30代・40代・50代になるにつれ、400万・500万・600万とアップしますが、あなたの給料は一定のままです。

入社時に年収200万円代であれば、40代になっても、部長や課長になっても、20年以上勤めても、年収は200万円代よりアップしません。あなたはベテランにも関わらず、新入社員の時の給料のままになるということです。

どれだけ損をしているかは、具体的に計算してみればわかるでしょう。本来は昇給ありだとしたら年収500万のレベルなのに、昇給なしで年収300万のままだとしたら、10年間で2000万円も違いが出てきます。もちろん、それ以前もそれ以降も、平均年収との差による損は発生し続けることになります。

これではどう見ても割に合わないとわかるでしょう。特に若い方は「贅沢しないから生きていいける」と油断しがちですが、危機感を持ってください。将来的には家庭を築いたり、マイホームを購入したり、病気にもかかったりもするでしょう。年齢を重ねるにつれて、そのライフサイクルに見合ったコストが必要になるのです。

しかし、昇給なしでは、確実にじり貧になっていきます。同世代の人たちよりも質の低い生活を送らなければならず、100%苦労するはずです。精神的にも劣等感を感じる一方で、何もいい思いはしません

給料に不満があって転職する人は多い

こう考えれば、今の会社が異常であって、さっさと会社を辞めるべきだということが分かったはずです。

転職と言うと、なんだか特別な理由がなければしてはいけないような気もしますが、そんな偏見は捨ててください。

下の図を見てみましょう。

転職理由ランキング

これは転職の理由ランキングですが、3位に「給与に不満がある」という理由がランクインしています。

このように、給与体系に何かしらの問題があるからこそ転職を決意している人は多いです。ましてや、昇給なしなんて明らかに問題なので、迷わず転職するべき理由になります。

成果が給料に反映される健全な会社へ転職することが一番

もちろん転職先には、きちんと労働の成果を給料に反映してくれる健全な会社を選びましょう。 まあ、健全というよりも、成果の反映はごく普通のことなんですけどね。

年功序列であれば、もちろん昇給はあります。最近では年功序列を廃止し、成果主義の会社も多いと聞きますが、別に秀でた成果を上げなければいけないというわけではありません。真面目には働き続ければ、普通に仕事もできるようになり、それが成果として評価されて年収は上がります。

それがごく普通のことなんです。昇給なしなんて本当に異常です。会社という檻の中に閉じ込められた、文字通りの社畜でしかありません。

転職をするとなると、周囲から「根性なしだ」「逃げだ」なんて言われるかもしれませんが、それらは完全に無視して構いません。その会社で働き続ければ、確実に損をするだけというのはわかりきっています。

それならば、誰が何と言おうと、会社を辞めて転職をすることがベストアンサーです。何度も言いますが、自分の会社がどれだけ異常か、そしてどれだけ自分が損をしているか、再確認してみましょう。そうすれば、自ずと転職するべきだということがわかるはずです。

昇給なしの仕事なんかクソくらえです。そんな社畜小屋からはさっさと抜け出して、自由に空を羽ばたきましょう。自分のことを一番に優先して決断してみてください。

昇給しやすい会社へ転職を成功させるには、転職エージェントの活用がおすすめ

転職をするからには、できるだけ昇給をしやすい会社に転職したいですよね。今まで損した分も取り返さなければいけませんからね。

しかし、そのような会社を探すのは難しいです。昇給ありでも、ごくたまになんてところもザラです。それに、良い会社を見つけても、そこに実際に受かるかどうかが問題になります。

そこで、転職を成功させるには転職エージェントを活用するといいです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にぴったりの転職先を紹介してくれます。「きちんと成果を反映してくれて、昇給しやすい会社に行きたいです」と伝えれば、しっかりと給料がアップする会社を紹介してもらえます。

また、書類・面接対策も行ってくれるので、合格できるかどうか不安という方も安心です。内定をもらえるにはどのように自己PRをすればいいか指導してくれますので、できる限り合格率をアップすることができます。

このように、転職エージェントに相談すれば、昇給しやすい会社を紹介してくれて、そこへの転職を成功させることができます。会社選びに失敗しないためにも、ぜひ利用してみるといいでしょう。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA