希望退職を募集する会社に残るくらいなら転職するべき!将来性のない会社は怖いだけです

希望退職を募集する会社に残るくらいなら転職するべき!将来性のない会社は怖いだけです

突然ですが、あなたの会社は希望退職者を募ってはいないでしょうか。「退職したい方は挙手してくださいよー」という感じの募集ですが、おそらく多くの方が「自分から退職するなんてするわけないだろ」と思って、名乗り出ないはずです。

そして、あなたも「せっかく職があるのにわざわざ退職するわけないだろ。ましてや自分が指名されて解雇されるわけでもないしな。」と考えて、その会社に残ろうとはしていませんか?もしそうであるならば、もうすこし考え直してみることをおすすめします。

希望退職者を会社が募集するようになるということは、それだけ業績悪化に悩んでいるという証拠です。業績悪化の会社は将来性に乏しく、それだけ不安定な職を続けるということになります。

それならば、そんな将来性のない会社にいるよりは、もっと安定や成長を見込める会社に転職するべきです。そこで、この記事では、希望退職を募集する会社に残るくらいなら、転職をするべき理由やアドバイスを紹介します。ぜひ一度、自分の会社の状況を見つめなおして、自分自身の立ち位置ついても考えてみましょう。それではどうぞ。

希望退職を募集する会社は業績が悪く、将来性がない

希望退職者の募集は業績悪化の兆候

上述したように、希望退職者を募集する会社のほとんどは、業績の悪化が原因です。経済情勢や、自社サービスの競争力低下、その他不祥事など、いろいろと業績悪化の理由があるでしょう。

まあ、その理由は何であれ、業績悪化により会社を維持する力が弱くなったからこそ、人件費を削減しなければいけなくなったのは明らかです。

もちろん、会社は社員のことを大事に考えなければいけないので、「人件費カットのために使えない奴はクビにします!Aさん・Bさん・Cさん・…、は今日をもって解雇です。」なんてことは言えません。だからこそ、自主的な退職を申し出る社員を募集します。

「希望退職者募集」だとなんだか柔らかいイメージを感じる方も多いですが、そこはもっと危機感を持ちましょう。それだけ、業績悪化に追い込まれているサインだと認識するべきです。

プラスを増やせないからこそ、マイナスを減らすしかない

「でも、すぐさま解雇するわけじゃないんだから、別にそこでまで業績は危なくはないのでは?」と楽観的に考える方もいるでしょうが、そんな余裕をこいている暇はありません。

よく考えてみましょう。そこまで会社が追い込まれていないのであれば、新商品や既存サービスの改善などで、増収・増益を図ることで挽回を狙うはずです。

売上・利益をプラスに改善させる余地があるならば、そちらを優先して会社を立て直すはずです。短期的に赤字になるからと言って、従業員を解雇すれば、厄介ないざこざが起きかねませんからね。

しかし、人件費を削らなくてはいけない状況になったということは、もうプラスを増やす余地がなくなってしまったということです。

売上・利益のプラスを増やせないからこそ、既存コストである人件費、つまりマイナス部分を減らすしか、会社を立て直すことはできなくなったということになります。

倒産の可能性もあり、将来性が非常に不安定

こう考えれば、会社の経営状況が非常に危ない状況であるということはわかるでしょう。人件費を削らなければいけないほど、長期的に収益的なプラスは見込めない状況になっています。

そうなると、会社の将来性は本当に不安定です。収益的なプラスは見込めない状況が改善されなければ、これからもどんどん業績が悪くなり、さらに希望退職者を募るようになるかもしれません。最悪のケースは倒産です。

「うちは結構大きい企業だから大丈夫でしょ」なんて甘い考えもNGです。今の時代は変化が目まぐるしいもので、大企業もわずか数年で落ちぶれることもあります。

よくニュースなどで、「大手である○○会社が大幅な赤字で、大規模リストラを決定。希望退職者を×××名を募集」ということを耳にすると思います。

希望退職者を募集するということは、それだけ経営状況が困難な状況に追い込まれているということで、倒産の可能性もあるくらい、会社の将来性が不安定であるということを理解しておくべきです。

そんな会社に残っても良いことはない!安定している企業へ転職するべき

将来性のない会社に残っても毎日が不安になるだけ

そんな経営状況がピンチで将来性のない会社に残るということは、実に不安定なチョイスだということがわかると思います。

会社の決め手は給料や仕事の内容を重視する方が多いですが、財務状況や経営の安定性も非常に重要な観点です。その安定性が欠けていれば、いくら給料が良くても将来的には減給の可能性もありますし、倒産すれば強制的に無職になってしまいます。

つまり、希望退職者を募るような会社に残れば、減給や倒産などの不安を抱えたまま働くことになりかねません。「次は自分がリストラされるのではないか…」という心配も抱え続ける毎日を送らなければいけなくなるでしょう。

それでは、精神衛生上、非常に毒です。もちろん、職場の雰囲気もギスギスしたような感じになり、いろんな面で悪影響しかないでしょう。

業績回復の見込みがあっても、何年かかるかわからない

「でも、これから何とか立て直すでしょ」なんて考えてはいませんか?

もちろん、人件費削減の効果もあって、そこから何とか安定を保ち、挽回していく企業もあります。しかし、その見込みは何年かかるかわかりません。

それまではずっと不安定な職を続けなければいけなくなります。もちろん、一度安定したとしても、また経営状況が悪化するなんてこともあります。

安定状態に挽回できても、再び不安定に陥る企業は、やはり不安定でしかありません。将来性が確保されていないということに違いはないはずです。

将来性が危うければ、早めに転職活動を行い、安定した企業へ移るべき

このように将来性のない会社に残ることは、非常に危険です。それならば、転職をして安定している別の企業へ移る方がベストな選択だと考えられます。

もちろん、希望退職者を募るすべての会社が危ういというわけではありません。そのため、あなた自身で判断してみてください。なぜ希望退職者を募るのか、経営状態はどうなのか、しっかりとリサーチしてみましょう。

真っ赤な赤字による業績悪化であるほど、そして 希望退職者を募集する数が多いほど、それだけ将来性が危ういということになります。転職は失敗が怖いということもありますが、希望退職者を募るような会社に残る方がよっぽど怖いです。それに、転職は失敗してもいくらでもやり直せるものです。

もしもあなたの会社が希望退職者を募集しているならば、その将来性はどうなのか考えてみてください。将来性が危ぶまれるのであれば、さらに状況が悪化する前に、もっと安全な企業へ転職することがおすすめです。

業績が安定している企業へ転職するには、転職エージェントを利用しよう

さて、実際に転職活動をするとなると、上でも述べましたように失敗のリスクもあります。それに、安定した企業を探すのも一苦労ですし、実際にそこに合格しなければなりません。乗り越えるべきハードルはたくさんあるものです。

そこで、そのハードルを乗り越えて転職を成功させるために、転職エージェントを利用をするといいでしょう。転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主にカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を提案してくれます。「将来性のある安定した企業に転職をしたいです」と相談すれば、その希望にぴったりの会社をピックアップしてくれます。

また、書類・面接対策も行ってくれます。内定をもらうには、どのような自己PRをすればいいか指導してくれますので、希望の企業に受かる可能性はグッと高まります。

このように、転職エージェントを活用すれば、将来性のある安定した企業への転職を成功できます。「希望退職者を募集し始めた今の会社はやばい」と危機感を抱き、将来性が危ういと感じた方は、ぜひ転職エージェントに相談して転職活動を進めるといいでしょう。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<