ライフハック

非効率!勉強中に音楽を聴きながらやるべきではない4つの理由

勉強中に音楽を聴く人が結構います。イヤホンやヘッドフォンをつけながら勉強している人をよく見かけることが多いです。

しかし、音楽を聴きながら勉強すると色々なデメリットがあり、勉強の質や効率を下げてしまいます。それによっていつまで経っても実力はアップしません。

穏やかなBGM的なクラシックなら大丈夫ですが、いつも聴いているような、しかも歌詞付きのJ-POPとかラップとかならば、かなり勉強の質を下げることになります。

なぜ、そのようになってしまうのか。今回はその理由について紹介します。勉強中に音楽を聴いている人はすぐにやめた方がいいでしょう。それではどうぞ。

勉強中に音楽を聴きながらやるべきではない4つの理由

1.集中力が低下する

まずは集中力が低下するデメリットがあげられます。基本的に人は2つ以上の物事を同時にやることは難しいです。やろうとすれば、かなりの集中力と体力が必要です。

音楽を聴きつつ、勉強もすることでどちらにも集中力を使わなければなりません。そのため、いつもの集中力が分散されて半減されてしまいます。

単語を覚えるときは視覚を使うのに、同時に音楽へ聴覚も使用していたら効率が悪くなることは当たり前なのです。

2.勉強の内容より音楽が頭に入ってしまう

そして、勉強の内容が頭に入らず、音楽にしか集中できなくなってしまうということもあります。たとえば、単語を覚えたいのに、音楽の歌詞が頭に入ってくるという感じです。

暗記に聴覚は重要です。英語をリスニングで覚えろと言われているのは、それだけ暗記の効果があるからです。そのため、勉強とは関係ない音楽をずっと聴いていれば、そっちの方が頭に入ってくるのは当たり前です。

ましてや自分の好きな音楽になると、盛り上がってしまい勉強どころではなくなってしまいます。聴くならば英語のリスニングを暗記や耳慣らし訓練のために聴きましょう。

3.テスト中に音楽が脳内で再生される

人は頻繁に感覚に接触するものを脳内に焼き付けてしまいます。太陽光の残像や、けがもしていないのに痛い感覚を感じるのはそのためです。

そして、それは聴覚にも当てはまります。いつも同じ音楽を聴いていれば自然と覚えるようになるのは、それが脳内に焼き付けられているからです。

さらに、場所や状況によってその感覚が鮮明によみがえってきます。懐かしいにおいを懐かしい場所で感じたら、昔の思い出がよみがえってくるような感じです。

それと同じように、勉強している際にずっと音楽を聴いていると、音楽を聴いていない時でもあたかも音楽が流れているように感じてしまいます。

特に問題なのはテスト中です。テスト中は音楽は聴けませんが、普段から聴いていることによって脳内で再生されてしまい、まったくテストに身が入らなくなってしまう危険性があります。

4.本番の緊張感に打ちのめされてしまう

テストには緊張感が重要です。それは日ごろからの勉強で鍛える必要があります。みんなが勉強している図書館に行って自分もそれにインスパイアされるということが必要です。

しかし、いつも自分が好きな音楽でたるんだ気持ちで勉強をしていては、そのような緊張感は全く身に付きません。そうすれば、いざ本番のテストとなったときに周りのいつもとは違う緊張感に打ちのめされてしまいます。

そのため、やはり音楽は聴かない方が良いです。そして、緊張感のあるところで勉強をしたり、模試を受けたりしてテストの環境に慣れておくのが良いと思います。

まとめ

以上のような理由で勉強中に音楽は聴かない方が良いです。勉強だけに集中できる環境でやると、効率よく質を高めることができるでしょう。

なお、勉強に関することは以下の記事でも紹介していますので、さらに実力をアップしたいと思う人はぜひ読むことをおすすめします。