実は危ない!鼻をほじることによる体への悪影響や病気の危険性4選

実は危ない!鼻をほじることによる体への悪影響や病気の危険性4選

鼻くそが詰まったらどう処理しますか?おそらく、鼻に指を突っ込んでほじくるという人は結構多いのではないでしょうか。

もちろん汚い行為なので人前ではやりませんが、家にいるときは無意識に鼻をほじっているなんて方もいると思います。

しかし、何気なくやっている鼻をほじるという行為ですが、実は危ないことを知っていますか?色々と悪影響や病気のリスクをもたらすことになります。

そこで、今回は鼻をほじることによる体への悪影響や病気の危険性について紹介します。以下のような危険性があるので、なるべく指ではほじくらないようにするべきです。それではどうぞ。

鼻をほじることによる体への悪影響や病気の危険性4選

1.鼻血が出る

鼻をほじることで、爪で引っ掻いてしまい、そこから鼻血が出るなんてこともあります。鼻血は自然に治ることが多いですが、なるべく出さないようにしたいものです。

体質にもよりますが、一度鼻血が出てしまうと、一回は治ってもまた鼻血が出やすくなるということもあります。

また、鼻血が頻繁に起きることで、血液が不足して貧血状態になるなんてこともあるのです。鼻をほじっていたら鼻血が出てしまったなんて経験したことがある人は多いと思うので、なるべくほじらないようにしましょう。

2.細菌が体の中に入る

そして、指を直接鼻の中に入れることで、指先に付着している細菌が体の中に入ってしまう可能性があります。

電車のつり革など、たくさんの人がベタベタ触ったところに触れた指で、鼻をほじるとかなり危険です。風邪やインフルエンザなどの感染症にかかってしまいます。

そのため、空気感染しないものウイルスでも、その感染者の体液などに触れた指で鼻ほじりすることで、飛沫感染を引き起こしてしまいます。自分で病気のリスクを高めてしまうので、要注意です。

3.鼻の中に傷がついて感染症にかかる

また、鼻の中に傷がつくことでも感染症にかかる危険があります。傷が付けば、空気中に漂っている細菌も体内に侵入してしまいます。

また、指についている細菌に関しては、確実に侵入を許してしまうでしょう。鼻の中は鼻血が出なくても、傷つくことがあります。

そのため、傷ついていることに気づかずに、どんどんほじってしまうことで、感染症のリスクをさらに高めてしまうのです。

4.最悪の場合には死に至る危険も!

また、実際に鼻の中の傷が原因で、そこから感染症にかかり、それが重症化して死亡してしまったケースもあるようです。

まあ、鼻の傷だけではなく、どんな怪我においても感染症が重症化するケースはあり、鼻ほじりにおいてもそのリスクがあるということを理解しておくべきです。

実際に感染症にかかったり、死に至る可能性はかなり低いものですが、万が一のこともあるので鼻ほじりはやらないようにするべきです。

まとめ

以上が、鼻をほじることによる悪影響や危険性です。鼻血が出てしまったり、指についた雑菌が原因で感染症を引き起こすこともあります。

また、鼻の中に傷がついて、それによっても感染症になるリスクもあるのです。可能性は低いとしても、起き得る危険なので、十分に注意するべきものとなります。

鼻ほじりはなるべくやらないようにすることが必要です。以下の記事では鼻ほじりの癖をやめる方法を紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

汚いけどやめられない!指を突っ込んで鼻をほじる癖を直す方法6選