在職中に転職活動をすると前職調査や在職確認で会社に連絡が入る?それを防ぐ対策方法

在職中に転職活動をすると前職調査や在職確認で会社に連絡が入る?それを防ぐ対策方法

在職中に転職活動を行う際には、前職調査や在職確認について不安を抱いていませんか?「会社に連絡が入ることがあるのかな…?」「もし調査があったらばれてしまう…」なんて心配になりますよね。

前職調査や在職確認は、「ある」という人もいれば、「ない」という人もいて、応募先の企業によって有無は異なります。しかし、もしもあったとすれば、今の会社に転職活動を知られてしまい、非常に厄介な自体になってしまうでしょう。

そんな厄介ごとはできるだけ避けたいですよね。そこで、この記事では前職調査や在職確認は本当にあるのか。もしある場合には、どうやって対処をすればいいのか。それらに関して紹介して行きます。在職中に転職活動をする方は、ぜひ一読してみてください。それではどうぞ。

前職調査や在職確認をする企業は今ではほとんどない

冒頭でも述べましたように、中途採用において前職調査や在職確認をするかどうかは、企業によって違います。「じゃあやっぱり会社に連絡が入ってバレる可能性が…」なんて不安になってしまいますが、そこは安心してください。

昔は前職調査や在職確認をする企業も多かったそうですが、最近では事情が異なってきています。個人情報保護法の施行より、本人の同意なしに前職調査や在職確認を行うことはできないようになりました。

そのため、現在では前職調査・在職確認を実施する企業は減少傾向にあり、ごく稀です。それに、人事もわざわざ採用者の情報を調べている暇もありませんからね。

しかし、前職調査や在職確認を実施する企業は確かに存在する

しかし、ほとんどないとは言っても、完全にゼロであるというわけではありません。ごく稀ですが、前職調査・在職確認をする会社は確かに存在します。

前職調査や在職確認をする場合、事前に説明されることが多い

もしも前職調査や在職確認をする場合には、事前に説明されることが一般的です。リファレンスチェックと言う名目で、選考期間中に「リファレンスチェックをしたいのですが大丈夫ですか?」と連絡が入ります。

これは、応募者の勤務態度や評価を調査したり、職歴詐称がないかチェックするために、第三者にヒアリングをする形で行われるものです。基本的には「はい」と言わないと、「職歴詐称でもしているんじゃないか?」と思われて不採用にされる可能性が高いです。

そのため、「転職活動が今の会社バレてしまう…」と心配な方は、採用担当者にその旨を正直に伝えて相談してみるようにすることがおすすめです。採用担当者も、在職中の人は会社にばれるのを嫌う傾向にあるということは把握しているため、しっかり対処してくれるはずです。

また、リファレンス先をこちらで指定できるケースもあるので、その場合には、転職活動中であることがばれても問題ないという人を指定するという対処がおすすめです。

一部の会社や業界では、アポなしで確認をするところがごく稀にある

しかし、一部の会社や業界ではアポなしで確認するところもあります。これは本当に最悪なケースの企業ですね。

個人情報保護法や応募者の意向なんか無視で、「先日、御社に勤務中の○○さんが中途採用の面接を受けにいらっしゃったので、その在職確認をしたいんですが…」なんて連絡を入れてくるところも、非常に稀ですが存在します。その会社のやり方であったり、人事の担当が素人だと、確認の連絡を入れてくるケースがあります。

そうなってしまえば、かなり危険です。たとえ、「中途採用の面接を受けに来た」とは言われなかったとしても、在職確認があっただけで怪しまれるようになってしまいます。

前職調査や在職確認を防ぐための対策方法

さて、ここまで説明したように、前職調査や在職確認をする企業はほとんどないと言っても、ごく稀に存在します。そのため、過度な不安を抱える必要はありませんが、そのような企業を受けてしまう可能性がないとも言い切れません。

そのため、「転職活動をばれたくない!」と言う方は、万が一の可能性も考えて危機感を持ち、そのような企業は極力避けるように対策をするべきです。アポなしはもちろんですが、事前説明ありのリファレンスチェックも回避したいですよね。

一番の対策は、前職調査や在職確認をする企業を受けないことだが…

では、どうすればそんな前職調査や在職確認を防ぐことができるのか。その対策としては非常に単純で、前職調査・在職確認をする企業を受けなければいいだけです。

たったこれだけですが、言うのは非常に単純でも、実際に行うことはとても難しいですよね。自分の受ける会社が前職調査や在職確認をする企業かどうかなんて知る由もありませんからね。

わざわざ、「在職確認をします」なんてことを求人やホームページには書かないし、ネットで転職経験者の口コミを調べても、「この会社は在職確認がありました」なんて口コミはほぼ皆無に等しいです。

転職エージェントのサポートを得ることで対策可能

しかし、あきらめる必要はありません。自力での対策は不可能でも、企業の情報に精通している人の助けを得られれば、しっかりと対策することが可能になります。

そこで、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

主にカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を提案してくれるサービスですが、そのカウンセリング時にしっかりと相談することで、前職調査や在職確認をする会社を避けることが可能です。

キャリアアドバイザーは転職のプロであり、あらゆる業界や企業の知識に長けています。どの企業が前職調査・在職確認をするかもしっかりと把握しており、「在職確認をする会社は省いてください」と相談すれば、在職確認の心配のない会社だけをピックアップしてくれます。

他にも、面接日程の調整や、合格率を上げる面接指導など、万全なサポートをしてくれますので、在職中で忙しい方でも転職をスムーズに成功させやすいメリットもあります。

前職調査・在職確認の心配なく、しかも転職の成功率をアップさせることもできますので、在職中に転職活動をする方は利用してみることがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<